腰痛と坐骨神経痛は、違うのですか? - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

Q&A

腰痛と坐骨神経痛は、違うのですか?

  まったく違います。sign03

症状をうかがって、腰が痛くてと訴える人に、どの辺ですかと聞いて指さしてもらうと、

お尻から太ももの後ろを触る場合が結構あります。

腰そのものを触って、この辺はどうですかと聞くと、そこは痛くないですと答えることも多く、

腰痛と坐骨神経痛を同じものと思っている人も多いのです。

  また、尾骶骨が痛いと言ってきます。

尾骶骨(尾骨)というのは、文字通り尻尾の先の骨で、やはり指さしてもらうと、

仙骨のあたりを指し示す場合が多いのです。

尾骶骨という言葉は、結構知っている人が多く、その割には、仙骨という言葉は

知らない人が多いのです。

仙骨とは、腰椎(腰の部分の脊椎)と尾骨の間、骨盤の真ん中の骨です。

坐骨神経は、腰の4番目の骨の下あたりから、仙骨の前面の仙骨神経叢という

神経がたくさん集まっている場所から、下の方に伸びているのです。

ですから、腰の部分そのものが痛いということは、他の神経が痛みを感じているのです。sign04 weep

  実際に来てもらって、ここが痛いと指示してもらいますから、腰痛か坐骨神経痛か、

こちらでは判断できますが、患者さんの方ではあまり区別が良くわかっていません。

  坐骨神経痛の原因は、たくさんあります。原因によって対処が違います。

私が不思議に思うのは、病院に行くと必ず湿布を出すことです。

原因が何であれ、血流が悪くて、その部分の温度が下がり、痛むわけですから、

湿布で冷すなどとんでもないことです。

確かに貼った当初はスースーしますから、なんか効いているように思うかもしれませんが、

気のせいみたいなものです。

どこの温泉に行っても、効能書きに神経痛と書いてあります。温めれば良いんです。spa

原因そのものは、温めてはいけないものもありますが、

神経痛の症状そのものは温めるべきです。

坐骨神経は足先まで伸びていますから、途中の症状のあるところを温めても良いのですが、

足先、足底などを温めて、血液の循環を改善するべきです。そうすると、

全身の循環が改善しますから、まだ症状の出ていない、全身隅々の改善にもつながります。

しかしそれでも、原因まで治るかというと、ひとりでに治る場合もあれば、

治らない場合もありますから、やはり適切な治療を受けることも必要です。think

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)