自分が介護してもらいたくなる、重労働の介護士 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

Q&A

自分が介護してもらいたくなる、重労働の介護士

  昨日、東京の北区から治療に来てくれた、介護士のKさん。

まだ24歳の青年で、スラリとして、なかなかカッコ良いのですが、

腰が痛いという。weep

昨日、おとといあたりは、もっとひどかったらしいです。

背が高いと、どうしても重心は高くなります。

その体形で人を抱き上げたり引いたりするわけですから、

腰背部にズンと来るのです。

私のような、ズングリと短足の方が、介護職には向いているように思いますが、

しかし実際には、私のような体形の介護士でも、腰が痛いと言って治療にくるのです。

  Kさんの場合は、特に腰の骨がずれているわけではなく、背筋、腰筋、大腰筋などが、

ガチガチに硬くなって、いわゆる柔軟性がなくなっているのです。

ですから、昨日や今日になって初めて硬くなったのではなく、

長い長い日数の経過に伴って、徐々に固まったのです。

  背骨の6番と10番は、背中側から見ると、はっきりと凹んでいます。

これは、精神的なストレスと、食事が、食べすぎるか、良く噛まないか、

不規則な時間の食事になるかが原因です。聞くと、それの全部が当てはまるようです。danger

6番は、膵臓と関連がありますから、こういった悪影響が多いと、消化不良になり、

いつも下痢しやすいとか、あるいは、ホルモンの乱れを誘発すると、糖尿病になります。

  高齢者の増加に伴い、当然のことながら、介護を受ける人も増加します。

一方、若い人はなかなか増えません。その中で、せっかく介護に志した青年が、

自分の体を壊してしまい、反対に介護をしてもらいたくなるようでは、困ってしまうのです。think

長時間、あるいは不規則な時間の勤務。重労働、ストレス、食事の乱れ、安ーーい給料。

このままでは、日本の将来は不安だらけです。

  青年介護士が、喜んで働けるような社会情勢にしないと、大変なことになりますよ。

政治家諸君は、口では、高齢化社会に向けての施策を、あれこれ並べ立てますが、

それでは、実際に介護を経験したことがあるのかというと、ほとんどないのです。

また、自分が介護されるような状況になっても、少なくとも、経済的には何の心配も

いらないような立場でしょうから、いま一つ真剣さが伝わってきません。

  これから政治家を目指す人間には、立候補の必要条件として、

介護の体験というのを課したらどうでしょうか。

  農水省に入るには、一年間畑を耕させるとか、船に乗って魚を獲らせるとか、

肥(こえ)タゴを担がせるとか、牛小屋の掃除を義務づけるとか。

いわゆる、机の上の勉強だけで、世の中の実情を知らないような連中には、

偉そうな地位につくために、現場体験をさせるべきなのです。

そうすれば、少しは血の通った施策、行政ができるようになるのではないでしょうか。smile

特別企画 (国会議員様スキルアップツアー) 

参加資格 お坊ちゃま口先だけ議員様

  1 ソマリア沖海賊観戦ツアー (護衛艦無しタイプ)wave ship

  2 世界紛争地域7日間徒歩の旅shock danger

これくらいの経験をしないと、世の現実を身に染みては実感できないのです。

健康法師菅原の徒然草「納得ブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)