インフルエンザの予防注射、爆笑、おじいさんの抵抗 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

インフルエンザの予防注射、爆笑、おじいさんの抵抗

  インフルエンザの予防注射をしてきました。hospital

80歳代のオジサンが「インフレの注射してくれ」と大きい声で言うのです。

何を勘違いしたのか、デフレの注射なら分からんでもないのですが。coldsweats01

続けて曰く。

Sさん「俺みたいな年寄りに、予防注射なんかホントは、いらねんだよ。

    インフレでも何でもひいて、早くくたばってしまえばいいんだと、

    女房も息子も思ってるんだけどよ。

    俺が風邪引けばあいつ等にもうつるだろ。

    本音はそれが怖くて、俺に注射に行けって言うんだよ。

    年寄りを大事にしない奴らは、ろくな死に方をしねえんだからな。ざまみろ」

看護婦さんが出てきて。

看護婦「Sさん、もしかしたら、お酒を飲んできたんじゃないの bottle 」

Sさん 「酒でも飲まなきゃ体が冷えて、風邪引くと困るだろ angry

看護婦「酒を飲んでる人に、予防注射はできないですよ」

Sさん 「薬のめぐりが良くなって、かえって良いんじゃないのかい」

看護婦「とにかく、今日は止めておきましょうね。別の日にまた来てくださいね」

Sさん 「こんどっていつだよ。それまでにインフレになって死んだら、

     どうしてくれるんだよ pout

看護婦「おうちの人に電話して迎えにきてもらうから、明日また出直してきてね」

Sさん 「明日だって、酒飲むかも知んないじゃねーか bottle 」

看護婦「予防注射が終わってから、一日ぐらい我慢して、それから飲んでも間に合うでしょ」

Sさん 「酒飲めねえんだったら、死んだ方がましだよ。何でそんなに注射を勧めるんだよ」

看護婦「いつまでも長生きして、うまいお酒を飲めるようにするためですよ bottle 」

Sさん 「注射なんかしなくたって、毎日うまい酒を飲んでるよ」

どこかで聞いたことのあるような、オチを言って、おじさんの勝ち。coldsweats01

去年とは違って、今年はあまり大騒ぎもしないで、淡々と予防注射も進んでいるようです。

薬の在庫がなくて、医療機関を見つけるのが大変だった7年前は、何だったんでしょうね。

  私の治療室には、血液の温度を、38度以上に上げるベッドがあります。

患者さんが、皆風邪をひいて来ることがあり、当然私にも感染はするのです。

帰宅前に、約1時間このベッドに寝て、全身からぐっしょりと汗が出るほど温まると、

ほとんどスッキリして、風邪の症状など出ないで済みます。

ここ20数年は、私たち夫婦二人は、ほとんど風邪の症状など出たことがありません。

体温を38度以上に上げると、ほとんどのバイ菌は死んでしまうからです。

一応予防注射はするのですが、実際は毎日、予防処置をしているのです。

感染したかと思ったら、ぜひご来院ください。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)