痛みの激しい時は、治療しない方が良いのですか - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

Q&A

痛みの激しい時は、治療しない方が良いのですか

  これは、少なからず質問されることですが。

私は、けっして痛みのあるときは、治療に来ないでくださいなどと

言った覚えはないのです。

ところが、痛いときは治療しても無駄だとか、治療に来ないでくれと言った、

みたいな話になっていることがあり、こちらが困惑しているのです。

たぶんこれは、私が常日頃、痛みがあろうとなかろうと関係なく、

定期的に治療を続けた方が良いです、と言っていることを、

曲解しているのかもしれません。

あるいは、痛みの激しい時は、体力がなく、治る力も落ちているのです、

と言っているのを、

痛みのある時は治療しても治らないと聞いたように、勘違いしているのです。

確かにあまりにも痛くて、上も下も横も向けないなどという時は、

心身ともに疲れ切ってしまい、治癒力も最低に下がっておりますから、

治療しても効果が出にくいことは間違いありません。

無理をして遠くから来たり、体をよじりながら、泣く思いで通ってきても、

体力がないと、一度に症状が軽快するかどうかは、約束できないのです。

根本の原因を治すためには、必ず体力、エネルギーを消費することで、

体が変化していきますから、治療後、ぐったりと疲れてしまうこともあるのです。

痛みは治まらない、疲れたでは、かえって壊されたと誤解されることもあります。

ですから、あまりにも症状の激しい時は、無理に治療を受けない方が良いのです。

治療院によっては、どんな痛みでも、必ず一発で治します、

などとうたっているところもありますので、

本当にそういう自信のある治療院なら、通っても良いかもしれません。

痛みが激しいか、軽いかは、個人個人で感じる程度が違いますから、

一応、上を向いて、あるいは下を向いて寝られるようであれば、

治療はできますので、どうぞおいで下さい。

わずか数分も同じ姿勢でいられない、じっとしていられないなどの場合は、

まず安静第一。

なんか、自信のない治療院なんだなーと、感じる方もいるかもしれませんが、

根拠、確信のない、宣伝第一の自慢などするのは、

無責任な思い上がった態度ですから、

なんと言われようと、安直に引き受けることは許されません。

万が一にですが、そういうひどい症状が、途切れなく襲ってくる場合は、

内臓からの信号の場合もあるので、病院に駆け込むことも、

選択肢の一つに入れておいた方が良いです。

健康法師菅原の徒然草「納得ブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)