切り取ってしまえば、治ったことになるのか - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

切り取ってしまえば、治ったことになるのか

  だいぶ以前に見た、4コマ漫画。happy01

手術室の前で、不安げに待っている家族。やがて医師が出てきます。

家族 「先生、主人はどうなりました ?shock

医師 「残念ながら、手術は失敗しました」

家族 「エーーーツ、coldsweats02 それで、それで、病気は何だったんですか ?」

医師 「カゼです」

皆さん、これはあくまで漫画の話です。でも、いろいろと意味深です。

  あるお婆ちゃんは、膝が痛くて痛くて、もうこんな膝切り取ってもらいたい、と

嘆きます。crying

普通には膝が痛くても、まさか切り取る医者もいないでしょうが。

切ったら、今の痛みはなくなるかもしれませんが、更なる、

重大な痛み苦しみが始まるのは、分かり切ったことです。

  虫歯の痛みで、痛み止めを飲むと一時的には治まるものです。

しかし、もし本当に虫歯があって痛いのであれば、痛み止めを飲んでも、

虫歯そのものが治ったのでないことは、自明のことです。

一時的にでも痛みが治まると、人によっては、近いうちに歯医者に行かなければと

思う人もいれば、そのうちに忘れてしまう場合もあります。

また痛くなって、慌てて駆け込むこともあります。weep

いずれにしても、虫歯そのものが残っている間は、いつまた痛みが出るかもしれません。

歯医者で虫歯を抜いたとします。虫歯は無くなりました。たぶん痛みも出ないでしょう。

でも、虫歯が、もともとの健康な歯に戻ったのかというと、そうではありません。

取り去って捨てたのです。難癖をつけるようですが、本当に治ったというのは、

もとのような、虫歯になる前と同じ歯になるということです。

「手術は大成功で、悪いところは全て切除できましたが、患者さんは亡くなりました」

皆さんもご存知の、あの有名なテレビの司会者が、癌で亡くなりました。

その時に、手術をした医師団は、手術は成功したと言ったのです。

が、遠からず、彼は帰らぬ人となりました。

  我々素人が考えても、あれほどの沢山の内臓を摘出するほどの様態であれば、

たとえ手術がうまく行っても、そう長くはもつまいと思ったものです。

まさにその通りになりました。

ご本人の覚悟、了承を得て、手術に踏み切ったものと思いますが、

医者の側からは、結果を予測できたであろうと思い、はたして手術を選択して

正解だったかどうか、疑問に残るところ大です。think

  癌も、もともとは、その本人の体を構成している細胞が変化したものです。

これも厳密にいえば、もとの正常細胞に戻ってこそ、治ったといえるのです。

切り取って排除しても、治ったといえるかどうか。

しかし、現状では、それをもって治ったと定義付けるしかありません。

だから、癌も、心臓病も、脳卒中も、糖尿病も、アトピーも、いかに医学が発達したと

言ってみても、少しも減ってはいません。むしろ増えているのです。

病気になったらおいで、というのが病院ですから、病気になる前においでなさいとは

いわないのです。

忙しいし、金にならないし、検査で結果が出なければ対処の仕方が無いのです。

真の意味での予防医学は、現状では、病院に頼ってもほとんど無意味です。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)