拳銃自殺で、一発で死ぬ急所 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

拳銃自殺で、一発で死ぬ急所

  48歳のWさん(女性)

私   「Wさん、なんか元気がないですね」catface

Wさん 「こういう木の芽どきから、梅雨にかけて、毎年調子が悪いの」

私   「胸を焦がすような、恋愛でもしたらどうですか heart01

Wさん 「胸を焦がすどころか、毎日、胸やけなのよ。

            夜寝る前に、大福食べるから」

私   「そうなんですよ、大福を見ただけで、胸やけする人がいますよ」

Wさん 「一発で、楽ーーーに、あの世に行ける方法はないかしら」

私   「なにも慌てなくても、必ずいつかはあの世に行けますから」

Wさん 「青酸カリは苦しいし、高いところは苦手だから飛び降りはできないし、

            電車に飛び込むのは痛いだろうし、首つりもみじめだし」

私   「自殺にも、いろいろと条件があるんですね。いずれにしても、

           自殺なんて考えたらだめですよ。昔読んだ、アメリカの本に、

           こんな話があったんですよ。

ある女性が、ピストル自殺を考えたんですけどね、急所を外れて苦しむのは嫌だから、

確実に一発で死ねるポイントはどこかしらと、人に聞いたんです。

そしたら、左の乳房の真下、2センチのところを撃てば、間違いなく心臓に当たって、

すぐ死ねますよと、教えてくれたそうです。

それを聞いた女性は、言われたとおりに、左の乳房の下、2センチを撃ったんです。

ある人が、ピストルの音にびっくりして駆けつけて見ると、その女性は、

左の太ももから血を流して苦しんでいたんですと。

なんでそんなところにあたったかというと、彼女は間違いなく、左の乳房の下、

2センチを撃ったんですが、物凄い垂れたオッパイだったので、

2センチ下というのは、まさしく太もものところだったんですね denim

Wさん 「ハハハハハツ、またまた冗談ばっかし言うんだから happy01

私   「それでその女性は死ぬなんてばからしくなって、

           ずいぶん長生きしたらしいです」

Wさん 「そんなに垂れたオッパイなんて、その女性は何歳だったんですか」

私   「たしかその時、98歳ですね」

Wさん 「なんだ、自殺なんか考えなくたって、老衰死するような年齢じゃないですか」

私   「だから、自殺なんてアホらしいんですよ。大福よりも幸福。

           胸やけよりも胸を焦がしてくださいな。」

Wさん 「じゃ、私にピッタリの男性を紹介してください」

私   「え、いや、その。それじゃ私が胸やけ、じゃなく、手を焼くなー coldsweats02

健康法師菅原の徒然草「納得ブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)