ザコウイチのS君 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

ザコウイチのS君

日本国内の一般の人は、あん摩のことをマッサージと言っております。

あん摩は、昔から日本で行われており、主に目の見えない人が、

人の体をもみほぐすことを言っておりました。

着ているものはそのままです。

一方、マッサージは、肌に直接、オイルやクリーム、粉などを塗って行います。

普通にオイルマッサージと呼ばれるものがそれで、

オリーブなどがたくさん栽培されていた、地中海を中心としたヨーロッパ諸国で、

盛んに行われていたのです。

ですから、あん摩とマッサージは全く別物なのですが、

違いを知っている人はあまり多くはありません。

私の治療院では、あん摩とマッサージは、はっきり別物として行っております。

  話は変わりますが、以前に、「座頭市 THE LAST」と銘打って、

香取慎吾主演の映画が公開されました。

昔は、勝新太郎、次は、北野武でした。

最新版は見ていないのですが、勝、北野版では、座頭市は、劇中で

「按摩さん」と呼ばれていました。

座頭市の職業は、殺し屋ではなく、あん摩さんなのです。

  私が中学の頃は、もちろん、勝新太郎の座頭市でした。

小学校入学から中学卒業まで、ずっと同級生だった、幼なじみのS君。

ものすごいひょうきん者で、体操場の用具置き場の中などで、

力道山とブラッシーの対戦の、実況中継のまねをしたり、

東京オリンピックで、女子体操の名花と言われた、

チェコのチャスラフスカのまねをしたりと、大の人気者でした。

ぼんちオサムに良く似ており、彼がテレビに出ると、いまでもS君を思い出します。

  S君は、普通に立っているときは、皆とだいたい同じ背格好なのですが、

椅子に座ると、頭一つ皆より高いのです。

頭そのものも、少し長かったのですが、何よりも、座高が高いのです。

つまり、足の長さが私と同じく短かったのです。

それで、ついたあだ名が、座高一(ざこういち)。

このあだ名は、もしかしたら私が付けたのだったかもしれません。

決して悪気はなく、仲が良かったからこそのことだったのですが。

そのS君も、30歳代の若さで、同級生の中では一番先に亡くなってしまいました。

  今日は、なぜ彼のことを書いたのかというと、生まれて初めて、彼の夢を見たのです。

もちろん、中学生時代の頃の夢として。

私、菅原は、なぜか疲労が重なると、小学校や中学校時代の同級生が出てくる夢を

見るのです。

14人もの同級生がすでに亡くなっており、疲労がたまったときは、その人たちが、

迎えに来たのかもしれません。

だから、同級生の夢を見たときは、自分自身がすごく疲れているのだなーという、

ある意味での指標になるのです。

けっして、真夏の夜の、怪談噺ではありませんよ。

健康法師菅原の徒然草「納得ブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)