庭に枇杷(びわ)の木があって、縁談がこわれた話 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

庭に枇杷(びわ)の木があって、縁談がこわれた話

これは、実際に来院した方の実体験です。

彼は、数年間付き合った女性と結婚の約束をしました。

いよいよその女性が、両親を伴って彼の家を訪問してきました。

かなり良い雰囲気で、話も盛り上がったのですが、ふと庭を見た女性の父親が、

見る見る顔色が変わって、烈火のごとく怒りだしたということです。

「庭に枇杷の木を植えておくなど、あまりに非常識だ。

こんな家に大事な娘を嫁がせることはできない」

その後の経緯は省略しますが、結局、破談になったということです。

なぜか、家の中の庭に枇杷の木があると、病人が絶えないという迷信があります。

枇杷の木は、実はもちろんのこと、葉にも薬効成分が多く、

昔から珍重されていたのですが。

1 木の勢いが良く、葉が茂り、家の中が暗くなるから。

 

2 根が勢いよく発達し、家を持ち上げるから。

 

3 昔は、お寺の境内に植えて、病気の人に実や葉を提供したことから、

 

  お寺=死人というイメージがあって、不吉とされた。

 

4 枇杷の薬効を期待して、木のある家に病人が多く集まり、それが、

 

  その家に病人が増えるという、マイナスイメージを作った。

 

5 枇杷の効果で、患者が来なくなることを恐れた医者が、わざと悪いうわさを流した。

 

6 やはり、枇杷の実の販売で商売をしていた者が、売上の減少を心配して、

  自宅に植えるのは不吉だと言いふらした。

 

7 枇杷だけに頼り、適切な治療を怠ったために、最悪の状態になったことから。

などと、いろいろな説があります。

しかし、先ほどの女性の親の態度は、あまりにも滑稽なことです。

そんなことで、大人げない態度をさらけ出した父親、それを説得できなかった、

娘や母親。

それだけの縁しかなかったのですから、破談になって、むしろ良かったのかもしれません。

男性は、間もなく他の女性と結婚し、明るい素晴らしい家庭を作っています。

枇杷の木は、今年もたくさんの実を着けているということです。

私の治療室の裏にも、枇杷の木があります。

あまりにも大きくなって、隣家から苦情があり、かなり枝を落とすことになりました。

大家さんは、根から切り倒すようなことを言っておりましたが、

とうとうその通りに、完全に根元から切り倒してしまいました。

確かに明るくはなったのですが、なんだか寂しいです。

健康法師菅原の徒然草「納得ブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)