ギックリ腰注意報発令 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

ギックリ腰注意報発令

ただ今、ギックリ腰注意報発令です。sign03
同時に、寝違え警報も出ました。sweat01
一刻も早く、治療院に避難してください。
前回の痛みを思い出してください。

痛みは強いこともあれば、軽いこともあります。
二度、三度と押し寄せることもあります。
これはあくまでも予想です。
予想以上に強い痛みのこともあります。
一度楽になっても、また再発することもあります。
少しでも早く、治療院に避難してください。

決して立ち止まらないでください。
  過日の地震の時の、NHKのアナウンサーは、すごかったですね。
絶叫調、命令調でしたが、でもこれが適切でした。
それで、少し真似させていただきました。
誰もがのど元過ぎれば、忘れるのです。
こういう強い口調も、時と場合によっては必要です。
 危ないのは、まさに忘年会シーズンと、春先です。
ギックリ腰や、寝違えが非常に多くなります。
私がいつも言うように、体を歪める原因がいろいろありますが。
季節の変化に加え、寝不足、重労働、寒さ、イライラ、飲みすぎ、食べ過ぎ、

風邪ひきなど。
これらすべてが集中するのが、年末の忘年会と、春先の三寒四温の時期なのです。
   足元から冷えられれば、下半身が固くなります。
胃に負担をかけると、胸の筋肉(特に左の大胸筋)が弱くなります。
肝臓や胆嚢に負担をかけると、右の大胸筋が弱くなります。
すると反対側の、背中から首の筋肉が強く固まります。
さらにそこが冷えます。
これが寝違えの大きな原因になります。
 腸に負担をかけると腹筋が弱くなり、反対側の腰の筋肉が強く縮まります。
この時に、チョットした力が加わると、ギックリ腰になるのです。
 寝違えもギックリ腰も、その瞬間に骨がずれたりということはありません。
前々からずれていて、準備されていたのです。
だんだんと迫ってきていたのです。
でも、神経に触っていなかったから、症状を感じていなかっただけなのです。
だから、今症状が無いからといって安心して、油断していると、ギクッ来るのです。
 これで病院に行くと、必ずレントゲンを撮ります。
骨に異常はないと言われる場合もあります。
骨が曲がっている、ずれているなどと言われることもあります。
どっちの診断でも、結局やることは同じで、湿布を出したり、
痛み止めの注射や、飲み薬を出すだけです。
骨が曲がっているなどと言っても、曲がりを治してくれるわけではありません。
だから、日ごろから定期的に治療院に行って、予防する必要があるのです。
ギックリ腰注意報発令です。

治療院に緊急避難してください。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)