機械に情がうつる話 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

機械に情がうつる話

  だいぶ昔のことになりますが。

父が使っていた車がいよいよダメになり、廃車にすることになりました。car

貧乏ですから、もちろん新車など買えなくて、何万キロも走った中古車だったのです。

しかし、調子がよく、ほとんど故障などしませんでした。

順調に走るは走るは、日本中走り回りました。かなり愛着があったのです。

とうとう寿命がきて、今日、業者が引き取りにくるという日に、父がポツリと言いました。

「なんだか、ウドサカネーなあ」。weep

ウドサカネと言うのは、秋田弁特有なのかもしれませんが、哀れだ、かわいそうだ、

気の毒だという意味です。

牛や馬を育てた後で手放すようなときに、使われておりました。

ですから、以前、宮崎県での、何万頭という牛や豚を殺処分しなければならなかった、

畜産農家の人の心情は、察して余りあるものがあります。taurus pig weep

機械のような、心も持っていないただの道具でさえ、長年使って愛着がわけば、

いざ手放すというときには、やはりジーーンと来るものです。

でも、どうしても必要不可欠な物として、父は、新しく車を買い替えたのです。

今度は、我々息子たちも協力して、新車を買いました。rvcar

すると、前の車のことなどはケロッと忘れたかのように、新しい車を乗り回すのです。

機械のことですから、しょうがないですけれども。

  治療室にも、数台の治療用の機械、設備があります。

開業当初、全くお金がなかったころに、分割払いで買い求めて以来、今日まで30年間、

いわば、苦労を共にしてきた、仕事仲間です。

これらの機械があったからこそ、私も業務を続けてこられました。

いつか、治療室を閉めるときが来ることでしょう。

その日が、これら戦友たちとも、永遠のお別れですね。think

  これもまた旧聞に属しますが、小惑星探査機の、はやぶさが帰還しました。

7年間、60億キロという、大変な時空を超えて、無事に帰還したのです。

しかも本体は、大気圏に突入して燃え尽き、カプセルだけが帰ってきました。

まるで親が子の成長を見届けて安心し、自らは命を絶ったかのようで、

機械とは言え、なかなか人間的な話で、感動しました。think

健康法師菅原の徒然草「納得ブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)