昔当たり前だったものが、今はチョッと恥ずかしいとは - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

昔当たり前だったものが、今はチョッと恥ずかしいとは

  昨日の帰りに、駅前の陸橋を渡ろうとしたときです。

陸橋の昇り口のすぐそばに、電話ボックスがあります。

その中で、20歳代と思われる女性が電話をしておりました。

以前は、そんな光景は当たり前で、なんとも思わなかったのですが、

今は不思議なことに,アレッと思うのです。

これだけケイタイが行き渡っているときに、公衆電話から電話をかけるなんて、

ほんとに珍しくなりました。

ましてや,うら若い女性が電話ボックスに入っているなんて、何の根拠もなく、

変な感じがするものです。

私もケイタイを持っていなかったころ、新宿から電話したことがあります。

公衆電話の前には5~6人ほど並んでいました。

周りの人は、皆、歩きながらでもケイタイで電話しているのです。

急に自分が、時代遅れの、取り残されたオッサンに思えてきたのです。

並んでいる全員が、ダサーーく見えてきたのです。

しかも全員がイライラしている様子。前の人がいつ終わるか分かりませんからね。

改札でも、ほとんどの人が、スイカやパスモで、スイスイパスして(ダジャレ)行きます。

紙の切符を買う人は、グッと減りました。

有料道路でも、ETCを装着するのが当たり前みたいになり、

こっちが料金所で、現金のやり取りなどしていると、

後ろの車の運転手が、舌うちしているのが見えます。

  かなり前ですが、出かけたときには、いわゆるアナログカメラを持って行きました。

デジタルとどちらにしようかと迷ったのではないのです。

残念ながら、アナログしか持っていなかったのです。

駅前の売店で、「フイルムください」と言う自分が、なんとなく遅れている感じがしたのです。

文化文明の進歩ではありましょうが、こういったものを持っていないと、

なんとなく時代に取り残されたように思うなんて、恐ろしいことです。

  唯一、ガンコにアナログを続けていこうと決心しているのは、治療法です。

私のところに来てくれた人は、どなたもアナログ的に感じてくれるはずです。

あっちに飛び、こっちに飛びということがなく、順番に、一つ一つクリアしていくのです。

当然時間はかかるし、一日に何人も出来ないのですが、

これが私のやり方として、通すつもりです。

高齢者が多いのですが、皆さん全員が、一晩で老人になったのではありません。

アナログ的に老人になったのですから、私の治療も合っているのではないでしょうか。

時計の針は、一度過ぎ去った時間を戻してはくれません。

治療したからと言って、若返るわけではないのです。

でも、老化する速度は、格段に遅くすることができます。

物理的な時刻は、一刻一刻過ぎていくのですが、

生物学的な時刻は、ゆっくりになるのです。

まさに、アンチエイジング。

治療によって、少しでも老化する速度を遅くしましょう。

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)