聞いたことに素直に答えない、ひねくれ女 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

聞いたことに素直に答えない、ひねくれ女

人間は千差万別、それぞれ違って当たり前です。個性というものもあります。

でも、その場にふさわしい態度で、受け答えするのは、どのような場面でも大切で、

あまりにも身勝手な、好き勝手な態度、応答は、人を不快にさせます。

  次の例は、実際に有ったことです。

仮にSという名前で、女性、30歳代とします。

私  「このカルテに、名前、住所、電話番号など書いてくださいね」

S  「本名を書くんですか」

私  「芸名でも持ってるんですか」

S  「変なこと聞かないでください、私が芸能人に見えますか」

私  「見えないですよ。本名を書くと困ることでもあるんですか」

S  「ないです。電話番号も書くんですか」

私  「書いてください」

S  「変な電話が来ると困るんですけど」

私  「私が変な電話するって言うんですか」

S  「そうじゃないけど、他の人に知られると嫌なんです」

私  「他人に知らせるわけがないでしょ」

S  「生年月日を書くと、年齢が分かってしまうんですけど」

私  「あのねー、たとえば、役所や銀行などで、生年月日を聞かれて、

    拒否するんですか」

S  「ここは、市役所じゃないでしょ」

私  「そりゃそうですよ。でもね、必要だから書いてもらうんです」

S  「住所なんか書かなくても関係ないんじゃないですか」

私  「関係ってなにが」

S  「どこに住んでいるかということと、病気には関係ないと思いますけど」

私  「あのねー、さっきから聞いてると、なんの問題もないことに、

    一言ひとことケチつけて、一体何なのかね。

    あんたのような、ふてくされの塊のような人間には初めて会ったよ」

S  「ふてくされって、失礼じゃないですか」

私  「そっちの態度こそ失礼の典型だよ。聞いてるだけで不愉快になるから、

    帰ってくれ。

    どうせ治療したって、いろいろと難癖をつけられるのがせいぜいだからね」

そんな極端な話がと思う人もいるかもしれませんが、これは実話です。

いったい何に不満なのか、過去に何があったのか知りませんが、

こういう種類の人間は大嫌いなのです。

しかも、ほとんど100%近く、女性というのも不思議です。

治療しても、到底、その意義を理解しないし、どんな展開になるやら、

治療前から不安になります。

スパッと切って、お帰り願うのが最良の策です。

偏屈親父と思うかもしれませんが、これが菅原流の筋です。

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)