新規開設医院の内覧会 ? - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

新規開設医院の内覧会 ?

いったいこの国では、医師は足りないのか、余っているのか。

確かに、地域ごとの偏りはあります。

モータリゼーションの発達で、必ずしも歩いていける範囲に病院がなくても、

大丈夫のようですが。

それでも、医師不足に悩んでいる地域も多いのです。

大都市では、見渡す限り医院ということもあります。

一つのビルの中に、個人医師が数軒まとまって開業していることも多くなりました。

近所にもそういうのがあって、あるお年寄りは、一階から六回までの

各階にある医師にかかっており、朝から晩まで、順番に廻って、

一日そのビルから出ないで終わってしまいます。

帰りには、袋に一杯の薬を貰って、うれしそうにしています。

私に言わせれば、ビルの中に一日いるなら、屋上に出て、

30分でもお日さまにあたった方が、かえって健康になりそうなものです。

  最近、新規に開業する医師が、新聞に広告を入れてきます。

昔はあまりなかったことです。

医院といえども商売ではありますから、早く地域の皆さんに知ってもらうためには、

仕方のないことです。

ただ、つい笑ってしまうのは、内覧会と銘打って、事前に医院の内部を

見学させることです。

住宅会社やスポーツ施設ならまだしも、医院が内覧会を行うなど、

以前にはなかったことです。

  ここで我々一般人が陥りやすいワナがあります。

何を見せてくれるのかというと、当然まず建物です。外観も内部も。

新築や、改装していますから、綺麗なものです。清潔そうです。

そして金があれば、最新の機械設備を導入し、これ見よがしに自慢します。

要はそれだけのことです。

その医師の、診察、診断、処置が、適切であるかどうかなどとは

一切関係ありません。

その地域の皆さんが期待していたのに、いざ診療行為が始まったら、

全くダメだったなどということもあります。

大きな総合病院ができれば、小さな設備のないところではできない治療も

できるかもしれませんが、

個人開業医の場合は、新規開業か、建物が新しいか古いかなどは、

たいして意味をもちません。

どのような業種においても、やはり外観ばかりでは分からないことが多いので、

実際に経験することが一番重要です。

無医地区では、宣伝などしなくても、一応医者であれば、

何がしかの患者さんは来てくれます。

あとは、毎日の診療態度と実績です。

一方、大都市の、医院がたくさんあるところでは、他の商売と同じく、

前宣伝や、内覧会などということもしなければ、スタートから経営に

苦労することもあるのです。

ただ、他の業種と違って、医療は、取り返しのつかないものであるということを

よくよく認識して、医師側も患者側も、判断基準を間違えないようにしなければ、

あとで悔むことになるかもしれないのです。

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)