「そろそろお墓のご用意を」だと、うるさーーーい - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

「そろそろお墓のご用意を」だと、うるさーーーい

一日中治療室にいると、治療とは無関係な電話がひっきりなしに来ます。telephone

それも、治療の真っ最中で、大変な思いをしているときに集中するのです。

しかも、どこから情報を仕入れたものやら、他人の年齢まで正確につかんでいます。

業者 「菅原様のお宅で、よろしかったでしょうか」smile

私  「よろしかった、などと、過去形で言わないでくれ。現におれの家だよ annoy

業者 「院長先生はいらっしゃいますか」

私  「そんな名前を付けたやつはいないんだ。何の用事かね」

業者 「当社は、長い伝統のある、石材加工の会社でして」

私  「石なんかいらないよ」

業者 「いいえー、お墓のお勧めでございます」

私  「墓なんていらないよ angry

業者 「そういうわけには。だって、どなた様もひとつはお持ちですよ」

私  「一人で二つもいらないだろ」

業者 「あ、そういうわけではないのですが。今なら、30%割引になりますので」

私  「何の根拠もない金額から、割り引くと言っても信じられないよ」

業者 「私どもは、長年の地元のご信頼をいただいている会社ですので」

私  「とにかく、俺は死なないことにしてるんだ。墓なんかいらないよ」

業者 「死なない人はいないわけで、ご無理なことをおっしゃってはいけません」

私  「無理なことを言ってるのはそっちじゃないか、いらないものはいらない pout annoy

業者 「墓地も土地不足で、だんだん取得しにくくなっておりますので」

私  「人間(じんかん)いたるところ青山(せいざん)ありという言葉を知ってるかね」

業者 「さー、知りませんが sign02

私  「この意味を確認してからものを言ってくれ。俺の人生観そのものだから」

       と、偉そうに言って、業者をけむに巻く、菅原大先生ではありました。

                                 チャンチャン。bleah

  「釈月性の漢詩より」

  男児、志を立てて郷関を出ず

  学、もし成る無くんば、また還らず

  骨を埋むること、何ぞ墳墓の地を期せん

  人間到る処青山有り

青山とは、死に場所、あるいは、墓のこと。

私なりに解釈すれば、この広い世の中、死ぬ場所も墓もわんさかあるんだ。

どこで死のうが、大した違いなど無い。

自分お墓の心配などする前に、マダマダやることがいっぱいあるだろう。

そっちに命を懸けてがんばれ。

  と、なります。

  近年の夏は亡くなる人がものすごく多くて、火葬するにも、ずいぶんと、

何日も待たされるとか。

火葬は、予約するとか、キャンセル待ち、などということはあり得ませんからね。

最近は、大部分の人が病院で亡くなります。hospital

そうすると、身内の者が駆け付ける前に、葬儀屋が駆けつけます。

遺体が自宅に戻るころには、すでに墓地の業者や、香典返しの目録まで先に届きます。

呆れてしまいますね。angry

人は必ず死ぬわけで、必ずと言ってよいほどに、葬儀は行われます。

葬式ビジネスは、無くなりません。これからしばらくは、ますます需要が多くなります。

私に言わせれば、人の死を儲けのタネにするなどとんでもないことです。

しかし、必要としている人が大部分でしょうから、無くなるはずはありません。

だからと言って、さっきの業者のような、押しつけは止めてもらいたいものです。

死にそうな人も生き返らせようとしている場所に、

そんな電話は一切お断り。angry

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)