いちいち偉そうに言って、何もできない治療師 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

いちいち偉そうに言って、何もできない治療師

  以前、たまたま講習会で知り合った治療師。

残念ながら、開業して一年も持たずに廃業しました。

同業のものとして、彼の態度は傍で見ていても感心せず、

私の反省材料にもしたいと思います。

  私は、今の職業の資格を得るために、専門学校に3年間通い、

国家試験を受けたのです。

彼は、日本唯一の鍼灸の大学を出たのだというのが、自慢でした。

専門学校出なんかとは違うんだという、意味のない自尊心があるのです。

1

 患者さん 「肩こりが激しいんです」

 治療師  「肩というのはどの辺ですか」

 患者さん 「ここです。(といって、首の辺りを指差す)」

 治療師  「そこは頚部と言って、肩とは違いますよ。

        頚部、肩背部、肩関節部とハッキリと

        区別してください。それぞれ治療法が違いますから」

2

 患者さん 「病院でメニエールと言われたんですが」

 治療師  「メニエール病と、メニエール症候群は違うんですよ。

        正確にはどちらですか」

 患者さん 「さー、良くわかりませんけど」

 治療師  「さーって、自分の体のことでしょ。困るんだよね。

        その辺をはっきりしないと、治療法が違うんですから」

3   

 患者さん 「いろいろな治療院に行ってみたんですが、

        どこもあまり効果が出なくて伺いました」

 治療師  「そんな、わけのわからない治療院に行かないで、

        最初からここに来ればよかったのに」

 患者さん 「先生のところは、まだ開業して間もないですから、知らなかったんです」

 治療師  「近所の人は、みんな来てますよ。認識が足りないと自分で損しますよ」

4

 私    「今行った治療法は、変わっていますね。なんというテクニックですか」

 治療師 「エーーーーーツ、べテランの菅原さんが、この治療法を見たことないの」

 私    「恥ずかしながら、初めて見ました」

 治療師 「専門学校出身の方には、無理かもしれないけど、

       もう少し勉強しないと、時代に遅れますよ」

彼が具体的にどういう治療法を行ったかは、記さないでおきますが、

簡単に言うと、症状のあるところに、低周波治療器をはりつけて電気を流し、

温め、湿布を貼るという、ほとんどそれだけです。

低周波をはりつけるポイント、つまり、ツボの選択が大事なのだというのですが。

治療法はともかく、彼の言動が、患者さんをムカつかせたのは間違いありません。

人の振り見てわが振りなおせ、という諺が身にしみた事例です。

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)