和製英語でも何とか通じた - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

和製英語でも何とか通じた

最近、紹介されて、アメリカの軍人さんが来てくれるようになった。

本人たちは、ほとんど挨拶ぐらいしか日本語を話せない。

私だって、挨拶ぐらいしか英語を話せない。

初回から、日本人で英語の得意な奥さんがついてきてくれたから、

何とかなったのだが。

いわゆる、英会話が出来ないのだ。

悔しいから言いますが、できないというより、体験、経験を積んでないのである。

行ってみれば、中学や高校時代に学校で習った構文に、

単語を当てはめていくのである。

だから、文章は長くなるのだが、教科書を読むつもりで聞いてくれれば、

案外正確な英語だと言われるのだ。

次回当たりから、日本人の女性は着いてこないかもしれない。

私一人で対処しなければならない。

今どき、英語くらい普通に話せないでどうするというような世の中だから、

私も大変である。

少し長文になり、しかも、ゆっくり話せば、大概のことは通じるのだが。

ここで一つ頭を抱えることは、正確ではあるけれど、

今はもう使わないような単語が結構あることで。

逆に私の方で、英米人に、英単語の講義をするような立場になることがある。

医学の専門用語などには結構多い。

辞書を開いても、載っていないものがあり、納得いくように説明するのは

すごく骨が折れる。

普段偉そうに、流暢な日本語で、得意そうに説明しても、

日本人でさえ理解できない人もいる。

まして外国の人に納得させるのは大変である。

ただ、ここ数日間で感じてきたのは、会話というのは、やはり

経験の積み重ねであるということ。

私たち日本人だって、日本語会話を習って身に付けたわけではない。

それこそ生まれてから今までの長い年月で、自然に備わった能力の一つである。

しかも、世界でも最も難しいと言われる言葉をである。

今回は良い機会になった。

慣れさせてもらおう。それしかない。私にとっては。

たまに秋田に帰省するが、向こうに行けば、すぐに流暢な秋田弁である。

わざわざ、共通語と言われるものを頭に浮かべてから、

秋田弁に変換するわけではない。

何にも考えなくても、勝手に出てくるのだ。

外国語会話もそうであろう。

ひとりでに口から出てくるように、今年は、再訓練、再勉強だ。

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)