なぜ、助手の人を入れないんですか ? - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

Q&A

なぜ、助手の人を入れないんですか ?

  来院の皆さんに良く質問されるのですが、

「助手の人をたくさん雇って、大勢の患者さんを取って、

もっと楽に儲けたら良いじゃないですか」。

これはとんでもないことで。そんなことをしたら、即刻廃業してしまいます。

他の業種と違って、取り扱いの対象が、人間なのです。

製造や販売ならば、売上が良ければ、どんどん人を入れて拡張する、

ということもあるのですが。

対象になる人も、我々の方も人間なのですから、まず第一に感情があります。

たとえば、院長には治療してもらいたいけれど、助手には触られるのもいやだ

などということもあります。

でも、表だってそのことを言うわけにもいきません。

気の弱い人は、そのまま来なくなってしまいます。

私、菅原を気に入らなければ、来なければ済むのですが、そうでない場合は、

私も困ってしまうのです。

助手が何かミスをして、あとで痛かったとか変になったとか言う場合、

助手のやったことですから、私は知りません、責任はありませんでは

済まないのです。

また、助手と私では、考え方、心構えが違います。

教えたから大丈夫というようなものではなく、治療というものへの

無意識のうちの対処が違うのです。

どんなに修業しても、私と同じ考え、人格を持つことはできないのです。

もしかしたら、私よりも助手の方が、患者さんにしてみれば、

好ましいかもしれません。

さらに、練習の相手が人間ですから、患者さんにしてみれば、

高い金を払って、練習台に成りにきたんじゃない、ということになります。

私もそうでしたが、こういう治療院の助手を希望する者は、

やがては自分で独立、開業することが目的で入ってくるのです。

一生ここにいましょうなどという者は、まずいません。

だから、ようやく上手になって、すべて任せても大丈夫などという段階になると、

やがて、独立するために辞めていくのです。

  大儲けなどはしなくても、自分のこだわりに忠実に従って、

良い治療をするためには、私、菅原にとって助手を入れることは、

治療院のためにはマイナスです。

妻という、こき使っても文句を言わない人間と二人で、じっくりと丁寧に、

自分の思うままに治療に励むことが、寛容なのです。

ぼろを着せて、旅行にも連れていかないで、朝は卵かけご飯一杯だけ。

昼は、梅干し一個のおにぎりのみ。夜はたくあん一切れだけのご飯。

こんな粗食で耐えて、頑張っている女房には、感謝しております。think

ホント。bleah

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)