駅前の大変身と、廃墟の跡 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

駅前の大変身と、廃墟の跡

  31年前に、開業するために相模大野に来た時は、駅もオンボロの木造で、

階段もきつく、駅前もホコリっぽくて、開業の夢いっぱいの胸の中にも、

一抹の不安もあったのです。

それからわずかのうちに、デパートが開業し、巨大な駅ビルも完成し、

久しぶりに相模大野に来た人は、別の駅に降りたのかと間違うほどだと

言います。

そして今も、駅前の再開発で、古くからあった数十軒の店、住居を取り壊して、

巨大なビルが完成しました。

相模大野の街全体が、少しづつ変貌しています。

一挙に巨大な再開発をしていないところでも、ポツンポツンと、

あるところの店が無くなって、いつの間にか、新しい建物に建て替えられたり、

あるいは、改装して新しい店舗が入ったり。

私がいつも思うのは、毎日のようにその前を通っているのに、

いざ建物が無くなってしまうと、あれ、以前ここは何だったっけと、

つい分からなくなってしまう事です。

いつも見ていて、頭に残っているはずなのに、自分が普段利用していない

ところだと、すぐに失念してしまうのです。

治療室に紹介されてくる人が、

「毎日この前を通っていたんですけど、ここにこんな治療院があるなんて

知りませんでした」という人が、結構多いものです。

地元に、昔から何十年も住んでいても、必要のない店は気にもかけないのです。

これもよくあることで、私だって、自分が利用してない店は、案外

意識にないものです。

ある人から、「この近所に、こういう店があるらしいですね」と聞かれて、

そういえばあったようにも思うがなー、などと、あやふやなものです。

また、廃業した店を覗いてみると、以前は綺麗な店構えで、

しゃれた感じだったのが、看板や飾りを取り外したあとが、妙に埃っぽくて、

黒ずんでいて、汚れも目立ち、

急に哀れを誘うような風情に様変わりします。

戦のあとの、つわものどもが夢の跡というような、無常観がいっぱいです。

今月から、相模大野に来てから、31年目に入りました。

やがていつかは治療院を閉じて、この地を去る日が来ることは

間違いありません。

私の、一生の、夢と希望と、あるいは悲しみ、苦しみを演じてきた舞台から、

去っていくのです。

そのぬけがらを見た時に近隣の人は、一時的に哀れを感じ、

やがて急速に記憶から抜けおちていくのでしょう。weep

いやーーー、久しぶりに、平家物語の世界に浸かってみました。

でも、まだまだ長ーーーい先のこととして、ひと踏ん張りするつもりですから、

皆さん、ご協力くださいね。

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)