春先は、変態が増えてくるってホント ? - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

春先は、変態が増えてくるってホント ?

  いよいよ4月になりましたから、豪雪に見舞われた地方にも、春が近づいてきたのです。

週に一日や二日は、ホカホカとした陽気に恵まれる日も出てきます。

これから、こういう陽気の日が多くなるにつれて、人間様の世界では、性犯罪が多発します。

人間である以上、法律や社会規範もあり、常識と言われるもの、あるいは、

我慢、忍耐と言われるもの、知性とか教養などと言われるものが存在し、

ほとんどの人は、それに沿うような生き方をしているのです。

  一方、人間以外の生命体には、そのようなものは一切ありません。

ただただ、本能の赴くままに、なんの抑制もなく行動するのです。

それはひとえに、自分の命をつなぐための行動です。次世代を増やすためです。

競争も争いもあるのですが、自分からの抑制などはありません。

ですから、こういった本能に基づく行為は、人間以外の生命体にとっては、当たり前のこと。

なにも他人様の目を気にしたり、遠慮したり、恥じたりなどする必要が無いのです。

しかも、すべて命がけです。

こういう営みが、生命誕生以来、数十億年繰り返されてきたのです。

  春は、全ての生命体が、変化をするときです。

昆虫も、魚も、鳥も、哺乳類も、植物も、あらゆるものがです。

だから、春先にそういう行動、行為が増えてきても、至極当然のことです。

  他方、人間の場合はそうはいきません。

本能の赴くままに行動すれば、場合によっては、逮捕もされてしまいます。

極端に言ってみれば、他の生命体にとって当たり前のことが、人間が行うと

異常とされてしまうのです。

  各種の受験、昇給試験、卒業、入社、転勤、引っ越し、単身赴任など、社会的な

大きな変化もこの時期です。

花粉も飛びます。脱皮、毛変わり、芽吹き、開花と自然も変化します。

こういう現実社会に生きていれば、避けられないことばかりです。

こういう、内面や外部の大きな変化に順応できない、対応できない人が、あるいは、

自己抑制できない人が、精神的に参ってしまい、異常と言われる行為をしてしまうのです。

法律や社会規範がありますから、人間世界では、非難される行為です。

でも、生命体の本質としては、まったく問題のない行為ですが、

人間に生れてしまったからには、人間社会のルールには従わねばなりません。

そう言いつつ、それに従えないような立場に追い込んでしまうのも、人間が作ってきた

社会そのものなのですから、皮肉なものです。

いつの時代でも、発達しすぎた文明社会のひずみを反省し、自然回帰が叫ばれますが、

ことこういう分野においては、完全な自然回帰などはできない相談です。

表面上は取り繕っていても、本能に基ずく行為は、意図的にどうこうしようとしても、

なかなか思うようには制御できません。

永遠の課題であり、私に言わせれば、もう何をやっても無駄骨に思われます。

でも、人間としての尊厳もあり、悩んでしまいます。

若きウエルテルの悩み。

若くない、うれいているオジサンも悩み。coldsweats01

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)