更年期障害って、いつから予防ができるんですか - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

更年期障害って、いつから予防ができるんですか

 昨日の最後の方は、88歳のKさん。

Kさん 「私はね、50歳ころから甲状腺の病気でな。

     今もずっと薬を飲み続けなんです」

私   「40年くらい飲み続けですか。全部集めたら、すごい量ですねー」

Kさん 「最初の頃はね、更年期障害だって言われたんですよ。

     原因がハッキリしないから」

私   「甲状腺の病気は、今でも、よく更年期障害と間違われることが

     多いんですよ」

Kさん 「最近、寝つきが悪くて、いびきもかくらしいし、トイレが近くて、

     夜中に3回は行くんです」

私   「あツ、それは更年期障害だ、ワハハハハ coldsweats01 」

Kさん 「いやだよセンセったら、もう更年期なんか、二回りも回っちゃったよ」

私   「へー、見た目はずいぶんと若く見えますけどね。

     もういちど花を咲かせたらどうですか」

Kさん 「枯れる寸前の乳母桜ですか。だーれも見たくもないですよ」

私   「頭もスッキリしてるから、どこかの会社の、受付嬢として

     雇ってもらったらどうですか」

Kさん 「受付婆(ばあ)ですか。お客さんが悲鳴を上げて逃げ帰りますよ」

私   「すぐ首になっちゃうね」

Kさん 「更年期障害にならない方法ってないんですか」

私   「程度問題でね。なかには死んだ方がどれほど楽かと思うほど、

     つらい人もいるようですよ」

Kさん 「私は、それほどひどくはなかったねー」

私   「反対に、いつそんなものあったのかしらと言うほど、

     軽い人もいるんですよ」

Kさん 「予防できるのかしら」

私   「同じ人が二人いないから、予防できたでしょ、と比べられないから

     証明できないけど、間違いなく軽くは出来るんです」

Kさん 「どんなことをするんですか」

私   「今までKさんにやってきたことと同じことです。

     更年期は、閉経する前後のそれぞれ5年間くらいのことを言うので、

     誰でも閉経するから当てはまりますよね。

     でも、さっきから言うように個人差が大きいんです。

     それは、内側からの大きな変化に、順調に対応できないと、

     様々な症状を感じるのです。

     だから、若いころからこの治療を継続してる人は、

     変化に順調に対応できる体になっていますから、

     あまりひどい症状が出ないで済むんです」

Kさん 「いつ頃から予防の治療をした方が良いんですか」

私   「早ければ早いほど良いんですけど。

     まあ、意識的には、初潮の始まったころからですね」

Kさん 「そんなに早くからですか。私はもう間に合わないですねー」

私   「3回目の更年期には間に合うかもしれない ワハハハハ coldsweats01 」

Kさん 「いやなことを言うセンセだよ、まったく。ヒヒヒヒツ happy02 」

このおばあちゃんは、更年期が4回迎えられるほど元気ですよ。

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)