血を観ない手術 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

血を観ない手術

  物騒なものの言い方に、「仕舞いにゃー、血い見るど」というのがあります。

言うことを聞かないと、最後の手段として、刃物沙汰になり、血が流れることになるという

意味です。

  血を観ることを、観血と言います。

病院で、医師の行う手術は、観血的手術と言います。

一方、我々の行う手技療法は、観血的手術と言われることがあります。

文字通り、血を流すことがなく、手技のみによって手術をするからです。

昔、一時話題になったような、手の指を使って、病に侵された内臓を、

取り出してしまうなどという、インチキとは違います。

  医師の行う手術では、術前に、数多くの検査を行います。

麻酔を打ちます。麻酔なしの手術など、普通は考えられません。

医師一人だけで行うことも少なく、何人かのスタッフが協力して行います。

一般には、一度には1か所、多くても、2~3か所の手術しかできません。

手術自体が、とても気持ちが良かったなどということはありません。

患者さんが、これからも何回も手術をしてもらいたいなどと、思うこともありません。

手術によって、将来出るかもしれない病気の予防になるなどということは、

一部の例を除いて、あまりありません。

手術後は、普通は、何日か入院します。

  ところが、手技療法で行う非観血的手術と言われるものは。

大概は、検査、即、イコール、手術です。

当然のこと、麻酔など一切使いません。

ある手技を行ったら、その結果を見て、すぐに次の手技に移ります。

一か所だけに手技を加えても、全身に同時に手技を加えたかのように、

全身に効果が現れます。

ほとんど、治療師一人だけで行います。たまに、助手が手伝うこともありますが。

手技によっては、治療中、すごく気持ちが良いです。

こんな手術なら、これからもしょっちゅうやってもらいたいと思います。

全身の、将来出るかもしれない病の、予防になります。

もちろん、手術後に、入院する必要などありません。

  こういう、悲観血的手術によって、今の状態の改善はもちろんのこと、

将来の予防にもなると言うのですから、ぜひ継続して治療を受けるべきです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)