土日に歩くのを休むと、月曜日につまずきやすくなる奥さん - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

土日に歩くのを休むと、月曜日につまずきやすくなる奥さん

  Sさん。72歳女性の話。

Sさんは、平日は、毎日朝に歩いています。

時間はそれほど長くもなく、30分くらいで、ペースもゆっくりです。

ところが、土日は歩くのをお休みします。ゆっくり寝ていたいということです。

そうすると、月曜日になると、一日に何回か、つまずいて転びそうになると

いうのです。

月曜から金曜日まで習慣的に歩いていると、ほとんどつまずかないとか。

歩くという、動物にとって基本的な、無理のない運動を続けていると、

ある程度の筋力が維持されます。

しかも、全身の筋肉が同時にです。

決して訓練などというほどの、きつい運動はしなくてもです。

だから、金曜日まで歩いているので、あと一日や二日は、まずまずの

筋力が維持されているのです。

そして、土日に休んでしまったために、月曜日ころには少し筋肉が弱くなって、

つまずきやすくなるのです。

このように、特に高齢になればなるほど、強い運動はしない方が良いです。

かといって、御身大事で、じーーーーツと動かないでいれば良いかというと、

あっという間に弱るのです。

運動をなどと意識しないで、ごくごく日常の当り前のことを、当たり前のように、

自分の体を使って、無理のない範囲で、しかし必要に応じて動かすことによって、

良い状態が維持されます。

膝が痛いなどというと、必ず、太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えなさいと

いわれるのです。

確かにやれば強くなります。

でも、言ってみても、100人に2~3人しかやりません。

その2~3人だって、1~2回でやめてしまいます。

一挙に無理すると、あとがかえって痛くなったり、動けなくなったりします。

高齢のお婆さんに、腰が痛いと訴えられた医者が、腹筋を強くしなさいと

言ってやらせたら、それっきり寝たきりになったという例もあります。

教科書に書いてあるからと、人を見極めないで指示するなど、

浅はかなことです。

私は、特に高齢者には、訓練なんかしないでくださいと言います。

そうではなくて、日常の普通の動きを、普通に、おっくうがらずに、

痛いのを我慢しないで、行えばそれで十分なのです。

そもそも、すべての動物は、訓練などしないのです。

人間だけが、訓練だのスポーツだのを無理にやって体を壊し、

一方では、すぐに車に乗ったり、エレベーター、エスカレーターを使い、

リモコンを使い、楽をして衰えさせているから、

それを取り返す必要に迫られて、運動をすることになったのです。

重労働はいけませんが、できれば、50年くらい前の、いささか不便だったころに

戻れば、少なくとも、通常の筋力は保たれるのではないかと思うのですが。

先ほどのSさんも、何も朝でなくともよいのですから、土日も少し歩けば、

つまずきも減ると思いますよ。

妊娠中も安心

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)