菅原治療院では、なぜ病名をつけないんですか - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

Q&A

菅原治療院では、なぜ病名をつけないんですか

  昨日の来院者、Kさんが、私を睨みつけながら言うのです。

整形のお医者さんは、変形性膝関節症だって言いましたよ」。

まるで私が、以前に、「変形性膝関節症ではありません」とでも

言ったかのように。

私    「そんな病名なんか、誰が見たって、変形性膝関節症だと

      わかりますよ。膝関節が変形しているんですから。

      固まってしまって、曲げも伸ばしも困難なんですから。

      名前を付けてもらったからって、有り難がっても意味ないですよ。

      実際、病院では何をしてくれましたか」

Kさん  「湿布をくれました」

私    「それで、良くなりましたか」

Kさん  「いいえー、全然良くなりません。かえって痛くなりました」

私    「ほらね。病院では、すぐに名前を付けて、湿布を出すだけ。

      我々は、名前を付けることはできないから付けないだけで、

      病名なんか付けなくたって、治れば良いんですよ。

      病名がついて有り難いのは、長い長い年月の間、原因も分からない、

      治療法も分からないような病気に、やっと名前だけでも付けば、

      治療の手掛かりが見つかったということで、ホッとするんです。

      そうではなくて、ごく普通にあるような症状、病気に名前が付いても

      それだけで、有り難がるのは変ですよ。

      極端な話、老化現象ですと言われて、やっと病名が付いたと思い、

      喜びますか。そんなアホな人はいないでしょう。

      私のところで良くある、似たような例で多いのは、坐骨神経痛です。

      坐骨神経に痛みが発生しているのですから、誰が見たって

      坐骨神経痛であることは一目瞭然です。

      いかにも、私、菅原が発見しましたとでもいうように、自慢げに

      言ってみたって、常識のある人から見れば、当たり前のこと。

      ただ、症状によって名前を付けただけです。

      とーーころが、坐骨神経痛になる原因というのは、いっぱいあるのです。

      その原因によって、当然、治療法は違うのです。

      レントゲンで、骨には異常はありませんと言って、湿布や痛み止めを

      出すだけが、今の医療のほとんどです。

      だから、何度でも言いますが、病院でどういう名前を付けてもらっても、

      別に私の判断が、間違っていたわけではないのです。

      病名などを、偉そうに発表しなかっただけです。

      反対に、治療院で病名を付けられて後、病院でも同じ名前が付くと、

      あの治療院の先生の診断は、素晴らしいなどと思うのも、無意味です。

      もちろん、よほどの原因不明の難病に結果を出したのなら、別ですが。

      最後に言っておきますが、病名が付いたからと言って、すぐに

      治るかというと、そうとは限らないのも、厳然たる事実です。」

      

     

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)