テンクサシロウって、だれ ? - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

テンクサシロウって、だれ ?

  電車の中で会った、女子高生二人の会話。

見るからに今時の、という感じの、おつむの方は、ちょっと、

という雰囲気の二人。

A子 「けさ母親と、すげー口げんかしてきちゃった」

B子 「もっと勉強しろとか言ってんの ?」

A子 「歴史でサー、テンクサシロウっていたでしょ。島原の乱の」

B子 「ああ、いたいた」

A子 「あいつのことを、アマクサジロウだって言うんだよ」

B子 「そんなの変だよ。教科書には、テンクサシロウ(天草四郎)って

    書いてあるよ」

A子 「うちの母親、ラーメンが好きだから、ラーメン二郎と間違ってんだよ」

B子 「私もサー、テストで、トヨトミヒデキチって書いたら、間違いだって。

    他に読みようがないよねー」

A子 「徳川の八代将軍って誰」

B子 「そんなの簡単じゃー。ウエサマだよ」

A子 「あ、そっか。テレビの暴れん坊将軍で、八代将軍って、

    みんなウエサマって呼んでるもんね」

B子 「それから、マサオカコキ(正岡子規)。

    先生に、親子電話じゃねーって怒られちゃった」

まー、この二人の会話を聞いて、電車の中は、クスクス、クスクス。

しかーし、笑ってばかりもいられませんぞ。良く考えれば、由々しきこと。

いつぞやの総理大臣が、未曾有を、ミゾウユウとのたまう時代ですから、

仕方ないかもしれませんが。

昔、私の同級生が、石川啄木を、イシカワブタキと呼んでおりましたが、

これは当然ながら、分かっていておちょくったのですから問題は

ありませんがね。

ここ数年、ずいぶんと漢字がブームになり、見たことも聞いたこともないような

漢字を、簡単に読んだり書いたりする人間が現れて、驚いたものですが。

しかし、歴史というものをおざなりに教えて、何一つ役にたてられない

日本の教育とは、情けないですね。

いや、教訓なんか得られなくても、最低限の歴史上の有名人の名前くらい、

正しく読んでもらいたいものです。

これから、もう一世代でも過ぎてしまうと、間違って読んでることさえ、

周りのだれも気がつかない、そんな時代になるんじゃないでしょうか。

恐ろしや。

妊娠中も安心

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)