青っぱなを垂らした子供 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

青っぱなを垂らした子供

 昨日治療に来てくれた女性との会話で、昔の、

鼻たらし小僧の話が出ました。

最近、青っぱなを垂らした子供を見かけなくなったというのです。

そういえば確かにそうです。

私が子供のころ、今から50年以上も前のことですが、

クラスに一人や二人はいたものです。

教室でも、授業中に、ズズーツなどと、すすり上げる音がして、

いやーな感じがしたことを覚えています。

服の袖口で拭いて、テカテカになってる者もいて、

だらしないなーと思ったものです。

中には、口で吸いこんでしまうやつもいて、思い出すだけで、

ザワザワと背筋が寒くなります。

当時、なぜ決まった人間だけが青っぱなを垂らすのか、分からなかったのです。

ただただ、だらしない奴だとしか思えなかったのです。

後年、あれは栄養状態が悪かったからだという人がいて、

そうなのかとも思ったのですが、じゃあ、栄養状態が悪ければ、なぜ

青っぱなになるか、納得のいく説明をしてもらったことはありませんでした。

  我々の子供時代は、皆栄養状態はあまりよくなく、

裕福な家の子供など少なかったのです。

全員が青っぱなを垂らしたのかというと、そんなことはなく、

ごく一部の人間だけでした。

  風邪のヴイールスに感染すると、鼻粘膜が炎症を起こし腫れてきます。

すると、水成分の透過性が高まります。

血液内の白血球が増えて、どんどん表に出てきます。

白血球には、タンパク質が必要ですから、栄養状態が良くないと

力の弱い白血球が多くなります。

量は多いのに、力が弱いため、風邪ヴイールスと戦って負けてしまい、

次々に死んでしまいます。

その死んだ白血球の死骸や、鼻粘膜の残滓が青っぱなだということです。

こういうような説明があれば、なるほどと納得もいくでしょう。

ということは、何も子供に限らず大人でも、力の弱い白血球が多い人は、

青っぱなを垂らすかもしれません。

だから、じい様、ばあ様になっても、良質なたんぱく質は、

きちんと摂らなければならないのです。

年寄りに肉なぞ必要ないとばかり、食べなくなる人が多くなりますが、

何も、筋骨隆々たる、ムキムキじい様やばあ様を作ろうとしているのでは

ないのです。

免疫力を高めるためにも、良質のたんぱく質を摂ることは大事です。

そういえば、最近肉料理はあまり食べていないなー。

シュプレッヒコーーーール !!

我々、はな垂れ爺さまに、肉を食わせろーーーツ。

すると、コダマが帰ってきて。

肉を食いたかったら、もう少し稼いで来ーーーい。


恐れ入りましてございます。coldsweats02

圧迫骨折と言われて長引いている方、ぜひご連絡ください

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)