血圧は、変動するのが当たり前 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

血圧は、変動するのが当たり前

  初めて治療に来てくれた方には、必ず血圧の高い低いを伺うのですが。

血圧はどうですか、と聞くと、高いですとか、低いですと答える方が

圧倒的に多いのですが、

何人かは、「先日病院で検査したら、上が135で、下が88でした」などと

答えます。

確かにその時はそういう数値が出たのでしょう。

でも、数秒後にでも計れば、当然のごとく違った値が出ます。

血圧が、いつ測っても違う値が出るからと、不安がっている人がいます。

そもそも血圧というのは、その時その時の生体の活動に応じて、

変動する必要があるから変化するのです。

機械じゃあるまいし、一度自動設定した血液の圧力が、

ずっと同じなどということがあれば、そのほうが異常です。

普通に正常範囲と言われているものを越えて、常に異常に高いとか

低いとかであれば、問題なのです。

病院での検査で、わずか数ミリ高くても、評価がAから急にEランクに

落ちたりします。

血圧に限らず、他の様々な検査数値でも同じことが言えます。

こういう数値に、一喜一憂することはありませんが、かといって、

全く無視してもいけません。

病院には病院なりの考え方、理論がありますから、それも重視する

必要は当然あります。

一方、私たちの治療でも、血圧の問題は当然のテーマです。

頭の後ろを触っただけで、血圧の問題があるかどうかは、

ほぼ一瞬で分かります。

どうしてわかるのですかと聞かれるのですが、説明することは困難です。

もしかしたら、不遜な言い方、思い上がった言い方に聞こえるかも

しれませんが、分かるから分かるとしか言いようがありません。

理論、理屈はあるのですが、触った瞬間に判断できるというところを、

うまく説明できないのです。

しかも、私の能力では、数値などは分かりません。

高いということだけが分かるのです。

少し正確に言うと、血圧を調整する機能が、正常に働いているかどうかが

感じられるのです。

脳の機能が正常に働くように治療すると、後は勝手に調節が始まり、

自分にとって、そのつどの状況に応じて、適切な血圧になるように

変化していくのです。

その時に一つ問題なのは、脳の段階での働きが正常に近づいてきても、

たとえば、動脈硬化などの、構造的、器質的な問題を、他人がすぐに変える

などということはできないのです。

しかも、こういう問題は、長い年月の積み重ねの結果、今の状態に

あるわけですから、根本に改善するにも、ある程度の年月はかかるのです。

それは、本人の日常生活に大きく作用させられますから、他人である我々に

頼っても無駄です。

治療したのに、いつまでも血圧が下がらない、などと騒がれても、

本人の日常が出たらめであれば、治るものも治りません。

我々の適切な治療と、医師による適切な薬の投与、そして

健全なる日常生活。

これらの総合で、どんな病気でも改善するかどうかが、違ってきます。

いつも言うように、世界最高の医者は、自分自身の自然治癒力そのもの

なのですから、

そこのところを、勘違い、心得違いをしないように、心することです。

妊娠中も安心です

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)