生ゴミと古新聞を抱えて出勤する私 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

生ゴミと古新聞を抱えて出勤する私

  自宅から治療室まで、歩けば30分で、良い運動にはなるのですが、

ほとんど自転車で通勤します。

自転車の前かごの中は、毎日一杯の荷物が入っています。

世の中の、他の皆さんと違うところは、そのかごの中身です。

昼のお弁当はもちろん欠かせないのですが。

以前は、治療室で使う飲料水は、自宅で浄水したものを

持参しておりましたが、今では、治療室にも浄水器がありますので、

飲料水を運ぶということはなくなりました。

  あとは、読み終わった古新聞です。

治療室でも自宅でも新聞を取っているので、こまめに治療室に運んで、

古紙回収に出すのです。

ですから、普通の家庭の2倍くらいの古紙が毎月出るのです。

回収するのは、新聞販売店のスタッフですから、どうしてこの家は、

一部しか配達していないのに、

普通の家の二倍も出るのかと、不思議に思っているのかもしれません。

  あと、笑ってしまうのは、ポリ袋に入った生ゴミです。

毎日、何がしかの量は出るのです。

治療室の裏に、畳で4畳半くらいの庭があり、コンポストを置いてあるのです。

もうかれこれ30年にはなりますが、最初は全く栄養分のない、乾いた土が、

今では真黒です。

ミミズもおり、何を植えても、肥料など一切いりません。

おととし、さつまいもを植えたら、小指の先ぐらいの大きさのが、

たった一つだけとれました。

栄養が多すぎて、荒れ地に育つサツマイモには、かえって不適だったようです。

この30年ほどで、たった一度だけですが、自転車のかごの中身を、

持っていかれたことがあります。

デパートの紙袋に入った、何かお宝ではないかと思って持って行ったのでしょう。

開けてみたらなんと、古新聞と生ゴミ。

持っていったやつの、悔しそうな顔が目に浮かびます。

だいたい、私のような貧乏人が、自転車のかごに、価値あるものなんか

置いとくはずがないのですから。

というわけで、自宅からゴミ出しの場所に、朝の通勤前にゴミを出すお父さんは

結構いるのですが、

職場まで毎日、古新聞と生ゴミを運ぶオトッツアンも珍しいでしょう。

しかし、私菅原という人間は、どこか変わっていますね。

自分でもつくづく思うのです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)