女に食らった肘鉄のあとが、肋間神経痛に - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

女に食らった肘鉄のあとが、肋間神経痛に

  昨日来院のSさん(女性、72歳)との会話

Sさん 「先日から、左の首から背中、肩甲骨の間が突っ張るようになって」

私   「腕を頭の上までグッと上げると、少し邪魔されて、上げにくいでしょう」

Sさん 「エツ、分かりますか。そうなんです」

私   「どこかへ行きましたか」

Sさん 「いつものお医者さんに行ったら、肋間神経痛かもしれないと言われました。

     それでなければ、癌ですというんですよ」

私   「癌だなんて、冗談じゃないよ。それで何してくれました」

Sさん 「冷たい湿布をくれました」

私   「肋間神経痛だと言って湿布を貼るなど、とんでもないことですよ。

     癌だって、湿布を貼って治る癌なんてありませんよ」

Sさん 「湿布したらかえって痛くなって、お風呂に入ったら楽になったんです」

私   「そうでしょ。この症状の原因は、食べ過ぎですよ」

Sさん 「エーーーツ、食べ過ぎで左の背中が突っ張るんですか」

私   「ホラ、ここが痛いでしょ」

Sさん 「あ、そこそこ、まさにそこが痛かったんです」

私   「これは、背中の5番目の背骨で、その背骨から横に出ている

     突起があるんです。

     左側の突起が、後ろの方に回転して出て来たようになって、

     筋肉を持ち上げたようなものです。

     その筋肉が、ずっと伸びて、頭の後ろまでつながっているんです。

     胃に負担をかけると、5番目の背骨が歪んで、今回のような症状を

     引き起こすんです」

Sさん 「確かに暇で、他にやることがないから、食べすぎましたものねー」

私   「原因が分かりもしないで、何でもかんでも湿布を出すなんて、

     あまり良い医者じゃないですね。

     こんな物を冷やし続けたら、ほんとに肋間神経痛になってしまいますよ」

Sさん 「センセは、肋間神経痛になったことはありませんか」

私   「これからなる予定です」

Sさん 「そりゃまたどうして」

私   「よく、古傷が痛むって言うでしょ。

     以前に肋骨のあたりを打ったり、骨折したりすると、

     数年後に神経痛になることがあるんです。

     私は、昔から、大勢の女に、肋骨のあたりに肘鉄をくらって来ましたから、

     そのうちになるでしょうね」

Sさん 「ははは、モテそうなセンセが、何をおっしゃるんですか」

私   「Sさんこそ、その美しさを利用して、大勢の男に肘鉄をくらわせたんでしょ。

     そのうちに、男たちの恨みをかって、肘の神経痛が出てきますよ」

Sさん 「そう言われれば、なんとなく肘が痛くなってきたような感じ」

二人  「ワハハハハーー」

妊娠中も安心です

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)