私の尊敬する漫画家 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

私の尊敬する漫画家

  こう見えても、私も漫画大好き少年だったのです。

だったというより、いまでも好きなのですが、とてもじゃ無いけれど

見る暇がありません。

完全なじい様になり果てたら、朝から晩まで、漫画を見て

暮したいと思っているのですが。

漫画を見て笑うと、免疫力が格段にアップします。

笑いは百薬の長。笑う門には福来たる。

さて、長い漫画愛読者の私が、尊敬する漫画家が、3人います。

one なんと言っても、手塚治虫さんです。

子供の頃からの大フアンで、さすがに医師の資格もある人の、

医学と哲学の素養からにじみ出てくる、

深い深い意味のある漫画に、何度眠れない日を過ごしたかしれません。

表現される、一コマ一コマの訴えてくるもの、悟してくるもの、教えてくれるもの、

どれも素晴らしく、私の人間形成には、かなりの影響を与えた人です。

いわゆる、今もって漫画のような人生を歩んでいる、私の原点です。

40~50年前に、彼が未来の物語として描いたことが、今ようやく

現実のものとなっています。

つまり、彼の思い描いたものは、現実を50年も先取りしていたのです。

しかし、それが、単なる夢物語ではなく、今こうして実現できているということからも、

彼の素晴らしさを、改めて思い知らされるのです。

two 二人目は、長谷川町子さん。

言わずと知れた、サザエさんの原作者です。

治療室にも何冊か置いてあるのですが、30年も前に人から譲り受けたものです。

表紙がボロボロになったので、表紙カバーだけは、自分で印刷して、新しくしました。

驚くのは、今の小学生や中学生が、熱心に見ることです。

内容的には、昭和の30年代頃ではないかと思いますし、社会風刺などもあって、

少し難しいところもありそうなのに、良く見られているのです。

テレビのアニメも、いつも視聴率が20数パーセント以上で、大したものです。

テレビのアニメと、書籍の漫画は、厳密には、内容も作者も違うのですが、

原点は同じです。

時代を超越して誰にでも親しまれるという、見習う必要がある、偉大な原作者です。

three 3人目は、植田まさしさん。

治療室では、読売新聞を取っているのですが、連載漫画、コボちゃんは、

優に1万2,000回を超えました。

私も年賀状は、ここ20数年は4コマ漫画を描くのですが、

年に一回だけなのに大変です。

それに比べて、植田まさしさんは、コボちゃんだけでも1万2,000回以上。

しかも、毎回笑えます。毎回笑えるネタを探すのさえ大変です。

そのうえ、なにも読売新聞だけでなくて、他にも数誌に掲載されているはずです。

みなさん、4コマで話を作るというのは、実は大変なのですよ。

試しに、1話だけでも作ってごらんなさい。ほとんどの方は、失敗するはずです。

それを、毎日のように何話も仕上げていくという、神わざとしか思えません。

今のところ、この3人以上に、私を感化した漫画家はいません。

先の二人は、すでに故人になられましたが、今の世の中を風刺した作品を、

ぜひ見たかったです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)