活性酸素はどんな悪さをするか - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

活性酸素はどんな悪さをするか

  ごく一部の、嫌気性の微生物を除けば、この地球上で、

酸素の必要のない生物はいません。

空気の成分の約2割は、酸素です。

空気中から呼吸することによって酸素を吸収し、血液によって全身に運ばれ、

それぞれの細胞の中で、エネルギーを産生する元になるのです。

酸素が全く無ければ、すべての細胞が死滅します。

なにも、首を絞められて、苦しいから死ぬのではなく、

酸素が無いから窒息するのです。

窒息という言葉は、窒素の窒という字を使いますが、空気の約8割は窒素なので、

酸素のない空気などは、ほとんど窒素だけしかないのです。

  それだけ重要な、必要不可欠な酸素の中に、数パーセントの割合で、

活性酸素と言われるものができるのです。

酸素が他のものと結びつくことを酸化と言います。

この酸化する力がものすごく強いのが、活性酸素です。

一言でいえば、相手をサビさせてしまう力が、猛烈に強いのです。

人間の細胞がサビさせられることによって、様々な病変、

症状が出ることになるのです。

代表的なものでは、

動脈硬化、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血、各種の癌、クローン病、

膵炎、高脂血症、糖尿病、

アトピー、皮膚炎、シミ、しわ、白内障、リウマチ、喫煙による各種の病気など。

他にも、活性酸素の関与が疑われる病気はいっぱいあります。

だから近年、この活性酸素を減らすというもの、抗酸化物質が、

数多く出てきたのです。

確実に活性酸素を除去する力のあるものなら、間違いなく効能があります。

しかし、現実には、価格が高すぎたり、効果がほんのわずかであったり、

インチキもあり、しかも、確実な検証、証明方法が一般的ではないので、

なかなか確かめられないのです。

このような、抗酸化物質と言われるものは、数多くありますが、

なかなか理解しにくいものです。

ほとんどの人が理解しやすいのは、活性酸素とはいえ酸素なのだから、

水素と結びつけて、水にしてしまえば良いのではないかという、

理科、化学の一番の基本知識です。

  そこでまさしく、水素そのものをうたい文句にした製品が多く出てきましたが、

なかなか持続性、浸透性について、多くの問題があり、

いま一つのものばかりでした。

今ここに、その両方を満足するものができたのです。

いつも私が言っているように、治療だけでは100%万能ではありません。

治療を補うものがあれば、治療効果そのものも大幅にアップします。

それが、腸内善玉菌の増加と、活性酸素の除去です。

抗酸化のサプリメントなどを摂り入れたいとお考えの方は、

私の方へぜひご連絡ください。

専門のアドバイザーが、懇切丁寧に説明いたします。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)