あなたは、ボケない自信がありますか ? - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

あなたは、ボケない自信がありますか ?

ボケという言葉を、痴呆症のことを表すためには、使わないことが多くなりました。

代わりに、認知症という言葉が、一般的になりつつあります。

しかし、以前にも書きましたが、この言葉は、完全に間違いです。

認知困難症とか、認知不能症とでもいえば適切と思いますが、

「認知」という言葉に、「症」と付けただけであり、たとえば、

「理解」という言葉に「症」と付けて、「理解症」と呼んで、

これが、ボケを表す言葉ですと言っても、違和感を起こすのと同じことです。

こんなでたらめな造語が、なんの異見も出ずに一般化していくのは、

私、菅原のような人間には、気持ち悪くて仕方がありません。

だから私は、ボケとか、痴呆症という言葉を使うのです。

「寝ぼけたこと言うんじゃないよ」と、おしかりを受けるかもしれませんが、

ほら、これだって、「ネボケ」と、ちゃんとボケと使います。

認知症なことを言うんじゃないよ」などと、使うはずがありません。

  話は少しそれましたが。

痴呆症にも、いろいろな種類があるように分類されて、その原因と言われるものも

様々なものが見つかるようになりました。

カタカナで言えば、ベータアミロイドとか、レビー小体とか。

医学、科学の進歩で、これは素晴らしいことです。

でも、ここに一人の痴呆症の人がいたとしても、その人が、何種類かに

分類されたうちのどれかだけに当てはまるのかというと、そうではありません。

いろいろな種類の原因が集まっているはずです。

当然その割合は様々でありましょうけれど。

いずれにしても、脳が正常に働かなくなったことは間違いありません。

痴呆症で来院した方の、付添いの方が、

ここの治療では、どの種類の痴呆症に効果があるんですか」と

聞く場合があります。

分かりやすく言えば、どの種類でも効果があるのです。

脳の血液循環の改善により、勝手に治っていきますから、

種類の分類など、してもしなくても、対して意味はありません。

「そちらの、付添いの方は、ご自分の痴呆症は心配ないですか」

「今のところは、大丈夫だと思いますけど」

大概このように答えますが、あえて難癖をつければ、誰でもが

多かれ少なかれ、脳は減ってきているのです。

なにがしかの症状として、自覚していないだけなのです。

しかも、全脳みその、何パーセントが減ったなどと、誰にも分かりません。

でも、厳密に言えば、このように誰でも日々進行しているわけですから、

出来るだけ若いころから、予防処置をすることが大切です。

簡単に言えば、脳の血流を阻害する要因を、出来るだけ取り除くこと。

それには、全身の根本原因治療が必要なのです。

治療しても、「ホラ、治療したからボケないで済んだでしょ」などと

確認のできることではないのですが、事実でありますから、

私の言うことに納得できるかどうかが、将来を左右するのです。

偉そーーーにほざきましたが、ご容赦ください。coldsweats01

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)