医師の出した薬。勝手にやめるなら、むしろ行かない方がよい - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

医師の出した薬。勝手にやめるなら、むしろ行かない方がよい

  来院する方から、よく質問されるのですが。

病院で処方された薬のことです。

私たちは、薬の処方などできませんから、一般的な知識はあっても、

指示することもできません。

ましてや、医師の処方に難癖をつけるようなことは権限外のことです。

  よくある質問と言うのは、医師の処方した薬が効かないから、

止めたいということです。

今出されている薬は、しっかりと飲んでいますか、と聞くと、飲んでいませんという。

飲んでもいない薬を、効果無しと断言するなど、もってのほかのことです。

でも、医師の前では、飲んでいると言っているようです。

医師は、自分の処方した薬を、指示したとおりに飲んでいるということを前提にして、

効果を判断するのです。

飲んでもいないで飲んだと偽り、効果無しなどと判断したら、

医師の方でも困るのです。

それどころか、今の薬が効果無しとして別の薬を処方されたら、結局困るのは

患者さん本人です。

最近は、情報過多で、インターネットなどで調べて、医師の判断に不信を持ったり、

反発したりしますが、素人の判断は非常に危険です。

せっかく効果のある薬の処方をしても、飲んですぐに効果が表れるのかと勘違いして、

勝手に止めてしまうなど、浅はかな人間のすることです。

  どのような病気に対しても、薬は一種類ではありません。

通常は何種類かあるものです。

ある薬が効かなくても、違う薬にすれば効果が出るかもしれないのです。

ある人の実例では、最初の病院で出した薬が効かないからと、違う病院に行って

違う薬を処方されました。

その薬も効果無しとして、第3の病院に行ったら、最初の病院で出された薬と

同じものが出たそうです。

特に確かめもせずにその薬を飲んだら、今度はとても良く効いたと喜んだようです。

あとで調べたら、最初の病院で出た薬と全く同じだったのにです。

最初の病院の出した薬を飲んでいれば、これほど回り道をしなくても良かったのです。

このように、表面的な情報を鵜呑みにして、医師や病院に不信を持って接すると、

判断を誤ります。

どうしても信用できないなら、薬を勝手にやめたり、取り換えたりしないで、

はっきりと担当医に聞くことです。

それでも納得いかない場合は、その医師にかかることを止めるべきです。

  我々の行う治療も同じようなことがあります。

特に私の行うような、根本の原因を全身から治そうとする治療は、

一日や二日で結論を出されては困ります。

最初にきちんと説明するのですが、聞いた時だけうなずいて、

すぐに忘れる人が多いのです。

せっかく効果のある治療法に巡り合っても、浅はかな判断で中断してしまえば、

効果も半減します。

良識のある、適切な判断ができるかどうかも、自分の健康を守る大きな要素です。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)