質問好きな患者さん - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

質問好きな患者さん

 来院者の中には、私に対して質問を集中する人がいます。

健康や治療に関してならまだしも、プライベートなことも結構多いのです。

最初のころは、私に対する遠慮や警戒心もありましょうから、

あまり聞かれないのですが、慣れ親しんでくると、矢継ぎ早に質問されます。

奥さんと知り合ったのは、いつですか。どこですか。恋愛ですか、お見合いですか。

第一印象はどうでした。二回目に合った時は、感じが違いましたか。

初デートはどこでしたか。

何を食べたんですか。映画館なんかに行ったんですか。・・・・・・・・

いちいち答えていたら、治療ができなくなるので、間の良いところでうち切るように

していますが。

  昨日来院のYさんの質問。

Yさん 「何か楽器ができるんですか」

私   「中学校の時は、ハーモニカが得意だったなー」

Yさん 「ハーモニカ ?。そんな子供みたいな」

私   「だって、子供だもの」

Yさん 「あ、そういう意味じゃなくて。

     今なら中学校でも、フルオーケストラ並みの楽器がそろってますよ」

私   「我々が中学生のころは、ハーモニカか、たて笛程度でね。時代が違うんだよ」

Yさん 「今はどんな楽器をやるんですか」

私   「一番得意なのは、法螺を吹くことだね」

Yさん 「ホラヲフク ???。ナハハハハー。そういう意味か。

     またまたダジャレ先生の得意技が出た」

私   「ダジャレばっかり聞いてると、ダジャレアレルギーにならないかい」

Yさん 「ならない、ならない。ここのダジャレは、ならない。

     ところで、センセは何かアレルギーがあるの」

私   「花粉じゃなくて、脂粉アレルギーがあるよ」

Yさん 「脂粉って何 ?」

私   「白粉(おしろい)のことだよ。つまり化粧をした女の人のこと」

Yさん 「なーんだ。でもそれ嘘でしょ。

     センセが女の人アレルギーがあるなんて信じられない」

私   「小学生のころから、大勢の女の子にモテテね。

     それが嫌で嫌でしょうがなかったから、、いつも、女かきわけ棒というものを

     持っていて、女の子たちを追い払っていたんだよ。

     ワッハハハ。どうだ大したもんでしょう」

Yさん 「さっきの、法螺吹きのこと、だんだん信用できるような気がしてきた」

私   「ホラね、と、これもダジャレ」

Yさん 「なんだか、ダジャレアレルギーにもなりそう」

二人 「ハハハハーー」

治療中にも関わらず、患者さんと二人で、際限なくダジャレが続く事があります。

手の方は、しっかりと動いていますが、少し反省。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)