治療で身長が伸びるんですか? - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

治療で身長が伸びるんですか?

昨日質問されたことですが、厳密には、成人したらもう無理です。

皆さんは、骨端軟骨という言葉を聞いたことがありますか。

なんとなく、骨の先端部分の軟骨と思いがちですが、それは違うのです。

分かり易くするための例えですが、手の指を握ってこぶしを作り、

肘を伸ばして見てください。

握りこぶしと、手くびと、腕が見えますが、一個の長骨といわれるものは、

このような形をしています。

そして、この手くびに相当するような場所にあるのが、骨端軟骨です。

では、こぶしの先端に相当する部分の軟骨は何と呼ぶかというと、

関節軟骨というのです。

骨が伸びるのは、この骨端軟骨部分です。関節軟骨が伸びるわけではありません。

骨端軟骨部分に、成長ホルモンが刺激を加えることによって、骨が伸びるのです。

骨端軟骨が、固くなってしまい、刺激にも反応の出来なくなることを、

骨端軟骨閉鎖と呼びます。

これが、20歳前後だと思われます。個人差は大きいです。

だから、骨端軟骨閉鎖になってしまったら、いくら成長ホルモンが出ても、

背は伸びないのです。

残存骨端軟骨などというものがあって、成人してからでも、わずかに残った骨端軟骨が

伸びることもありますが、それも微々たるものといわれています。

成長ホルモンが、その後も出続ける事があって、その場合は、

末端肥大症ということになってしまいます。

治療によっても、骨端軟骨が再開することはありませんが、

厳密に計ると背は少し伸びます。

それは、今言ったように、軟骨部分が間違いなく伸びたのではないのです。

全身の歪みが整い、いわゆる全身がシャキッとするので、

計測しても2~3センチ伸びることもあります。

でもそれは、本来の身長が正確に計測されたためなので、

本来の値より伸びたのではありません。

損して見えていたものが、元の通りに戻って見えたのです。

その意味では、80歳でも90歳でも、背は伸びます。

でも、シャキッとして2~3センチ高くなれば、見た目にも大分違って伸びて見えます。

最初に治療した時は、ほとんどの人が、背が伸びたようだと感想を言ってくれます。

同時に健康維持に大きく貢献しますから、治療はぜひうけた方がよろしいと思います。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)