下痢するということは、有難いこと - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

下痢するということは、有難いこと

  先日初めて来院した女性が、翌日に電話をしてきました。

治療したその夜に、お腹が痛くなり、5、6回もトイレに駆け込み、

腸が全部出てしまったかと思うほどの大量の便が出たそうです。

  この女性は、長年のひどい便秘です。

毎日下剤を飲んでもろくに効き目がないと嘆いていたのです。

ところが、あまりにも一挙に大量に出たものですから、一時、治療で悪くなったかと

思ったようです。

しかし、出血もしないし、痛くもないし、一晩ろくに寝られなかった割には、

朝もすっきり目覚めたようです。

普段なんでもない人が、激しい下痢でもしたら、何か異常が起きたと思います。

その通りです。

少なくとも、体内に輩出すべき物があるから、一刻も早く出してしまおうとして

下痢になるのです。

下痢ということは、確かに症状ですから、決して気持の良いものではないです。

しかし、下痢をしなければ、自分の体内に悪いものが入ったということがわかりませんし、

わかったとしても、下剤で出してしまおうなどとはなかなか思いません。

でも、生体の自然の働きによって、下痢という方法で、悪いものを体外に出して

くれたのです。

こういう風に考えないで、下痢だから、じゃー下痢止めの薬を飲もうかと

すぐに思う人がいます。

医者でも、原因が特定できなくても、そういう風に短絡に考える場合があります。

薬が効いてくると、確かに下痢は治まりますから、あの先生は腕の良い名医だと

いうことになります。

この薬は、良く効くと思います。その通りです。

でも、悪いものを体内にとどめ置いたわけですから、

本当の原因はかえって治りにくくなります。

  下痢をすると、水分が大量に失われ、栄養も足りなくなることがあります。

だから、下痢によってできるだけ悪いものを排除したら、十分に水分と栄養を補給する

必要があります。

我々の考えでは、常習性の便秘も下痢も、本当の原因は同じです。

つまり、腸の本来の正しい働きが失われているのです。

治療して効果が現れてくると、同じ治療をしても、便秘の人は通じがよくなるし、

下痢の人は治まって来るのです。

漢方の考え方と共通しています。

つまり、便秘を治すとか下痢を治すというよりも、腸の働きが正常になるように手伝うのです。

現代医学の欠点の一つは、原因を治さなくても、症状が治まれば治ったとしてしまうことです。

確かに、自然に治癒して症状が治まる場合が多いのですが、薬で収まった場合は、

もしかしたら、原因はまだ治っていないのではないかと、疑ってみることも必要です。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)