気圧がさがると食欲が異常に増す、喘息の子供 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

気圧がさがると食欲が異常に増す、喘息の子供

  この話は、治療に来ていただいた妙齢のご婦人の話で、

ブログ掲載も了承いただきました。

このご婦人の子供さんは、喘息を持っていました。

(今はもう成人しているので、喘息の方は一応治っているということですが)

喘息の病気を持っている人は、気圧が下がってくると、症状がひどくなります。

この子供さんも、発作がひどいときは、食べた物をすべて吐いてしまうほど

だったそうです。

そして、気圧が下がってくる前には、食欲が異常に増してきて、モリモリ食べたようです。

気圧が下がってきたなどと、我々の体では、意識できる感覚としては感じません。

しかし、どこかで感じて、それが自分にとって良くないことであるとすれば、

防衛反応によって、何らかの行動や、身体の変化が現れると思います。

  気圧がさがる、発作がひどくなる、食べた物を吐いてしまう、だから、その前に

食べられるだけ食べて蓄えておこう、などと意識して行動したのではないらしいのですが、

本能的にというか、生理的にというか、まだ解明されていない反応によって、

食欲が増したのでしょう。

  このお母さんの話では、医学的には、特に説明づけられない現象だということです。

そんなバカなことがあるはずがないと、否定する人もいるかもしれませんが、

私は、今の最先端の科学でも解明されていないことでも、事実としてあるものは、

そのまま受け入れます。

  理論的な解明など、あとから付けても構わないのです。何でもかんでも

理論付けられると思う、文字通りの思い上がりは、決してほめられたものではありません。

この全宇宙には、我々の知識など及びもしない現象が、山ほどもあるのです。

エセ科学と決め付けて、いかにも自分は、そのうそを解明したとでも言うように、

不可思議なものを糾弾する、文字通りのエセジャーナリストがいますが、

このような態度は、思い上がりもはなはだしい、売文屋です。

いかにも自分は、この世のありとあらゆる科学知識を習得しているとでもいうような態度で、

未解明なものを非難していますが、自分の浅はかさを世の中にさらしているようなもので、

もっと謙虚にならなければなりません。

健康法師菅原の徒然草「納得ブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)