30年以内に87%の確率で巨大地震。意味のない予測  - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

30年以内に87%の確率で巨大地震。意味のない予測 

  首都圏で大地震が起きた時の死者の数を、変更したりしています。

5年前に、中部電力の浜岡発電所の近くで、巨大地震が起きる確率が発表され、

30年以内に87%の確率と。

例えば、25年以内に、74%の確率で巨大地震が発生すると予測発表されたとします。

30年以内に87%と予測したのと比べて、何か違いがあるのでしょうか。

結果的には、どっちでも同じことです。

明日発生しても、30年以内に87%と言う予測が当たったのであり、

29年11カ月後に起きても当たりです。

25年以内に74%と言う予測でも同じことです。

87%の確率ということは、13%は来ない確率ということです。

30年間一度も来なくても、13%の来ない確率という予測の方が

当たったということになります。

しかも、浜岡に一番初めに来るとか、一番規模が大きいとかは、言っておりません。

確率が低いと言っているところに、先に来て規模が大きいかもしれないのです。

東海地震が前々から大騒ぎしても来ないで、阪神淡路や、東北に

先に来たことからも明白です。

だったら、来る確率は、50%と言った方がすっきりします。

いわゆる、来るか来ないかは、半々だよということです。

結局、どっちにしても、どんな数字を出しても、予測は当たるのです。

我々は、もう少し冷静な目で見て、こんな数字の発表に一喜一憂しないように

することです。

こんなことを言うために多額の費用を掛けて研究し、偉そうに発表しても、

あまり意味がないとしか思えません。

どのような年数や、確率を言ってみても、地震が来るであろうことは、

間違いのないことです。

また、正確に予測できたとしても、地震の発生そのものを止めることなど

誰にもできません。

だから、必ず来るものとして、来た時にどう対処するかを具体的に提示するのが、

専門家の役割です。

  健康の話に移りましょう。

命あるものは、必ず死にます。いつか死ぬという、人間の死亡率は100%です。

あなたの死ぬ確率は、30年以内に87%ですと言われても、明日死ぬかもしれないし、

あと50年生きるかもしれません。

結局、地震の発生確率と同じで、どんな数字を出しても当たったことになるのです。

でも、死ぬのは確実ですから、その時を、いかに痛くなく、苦しまずに迎えるかを

工夫することです。

確率などを聞いて、くよくよしても意味がありません。

だから、日ごろからの予防医学が必要なのです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)