痴呆(認知症、ボケ)と物忘れは、治療法が違うんですか - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

Q&A

痴呆(認知症、ボケ)と物忘れは、治療法が違うんですか

昔から、勉強ができない、物覚えが悪い人のことを、血の巡りの悪い人と表現します。

頭の回転が悪い、などとも言います。

頭が回転したら大変なことで、めまいしそうで、適切な表現とも思えませんが。

現代医学的には、痴呆と物忘れは違うものと分類されます。

しかし、現実にはそんな分類など、大して意味がありません。

本人にしてみれば、どっちの名前がつこうが、深刻であることには間違いないのです。

第一、痴呆と物忘れをはっきり線引きすることなどできません。

あなたは、75%が痴呆で、25%が物忘れです、などと言っても無意味なことです。

30年間に、大地震の来る確率が87%などといっても、58%でも36%でも、

何の違いもないことです。

来る時は来るし、来ないときは来ないと言ったのと、あまり違いはありません。

同じことが、痴呆や物忘れにも言えると思います。

もっと極端に言えば、生まれたときから知能に障害を持っている場合もあります。

仮に頭の働きを、100%正常と1%だけ正常だなどと計算してみても、

正確ではありません。

ほとんど根拠のない分類、定義付けです。

要は、脳の働きの問題なのですから、脳が正常に働けば良いのです。

脳といっても、細胞の集まりですから、血液から酸素や栄養を受け取って

生きているのです。

だから、最初に言った、血液の流れ、血の巡りを良くすれば良いのです。

それによって脳が活発に働けば、痴呆と物忘れの分類などお構いなしに、

勝手に改善するのです。

しかも、全身が同時にです。

脳が命令して、血液が流れて行って、細胞単位まで全身を同時に修理します。

脳が、今日は腰痛だけ治し、胃潰瘍は明日から修理を開始、糖尿病と骨折は、

三日後から治す、などと考えるものではありません。

自然治癒力は、全身同時ということが、無意識のうちの、自然の大前提です。

全身の根本治療は、その力をできるだけ正常に働けるようにする、手助けです。

たとえば、腰痛の治療だけを目的に来ても、痴呆も物忘れも、

同時にひとりでに改善します。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)