治療用特殊ベッドからポンと飛び降り、また飛び乗る、82歳 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

治療用特殊ベッドからポンと飛び降り、また飛び乗る、82歳

  同じ年代でもこれほど違うのかと、ビックリすることがあります。

カイロプラクテイックに使用する、特殊なベッドがあります。

ベッド自体が、グーーーンと起き上がり、治療を受ける人は、

足乗せに立つだけです。

そして、しだいに倒れて行き、水平に寝る事ができます。

レントゲンを撮るときのことを想像していただければ、ほぼ同じです。

普通は、最初に乗るときだけベッドを起こしており、治療中は起こしません。

治療中は、2~3回ほど、自力でうつ伏せになったり、仰向けになったりして

もらうのです。

自力でできない人の場合は、一回ごとにベッドを起こしたり、寝せたりするのです。

最初に自力でできなかった人も、治療が進むにつれて、自力でできるようになる

事もあります。

お腹をあげてもらう時も、手を使わずに、お腹をスッと持ち上げる人もいれば、

両手をついて、ようやくのことで、ヨッコラショとお腹を持ち上げる人もいますが、

これも、治療中に、手を使わずに、無意識のうちに上がるようになり、

「今、手を使わないで上げられましたねー」と私に言われて、初めて気が付き、

「アラほんとだ」と喜ぶ人もいます。

確かに、若い人の方が、楽々と上がることが多いのは当然です。

でも、小、中学生でも、ものすごくのろい子もいます。

反対に、高年齢になっても、クルリとひっくり返る人もいます。

そして、高齢になればなるほど、個人差が大きく目立ってきます。

先日来てくれた女性、82歳は、10年以上、毎月一回治療に来てくれるのですが、

私などよりももっと早く、仰向けの状態から両手を頭の上のベッドに置き、

一瞬でクルリとうつ伏せになります。時間は、0、5秒くらいです。とてもかないません。

うつ伏せから仰向けになるときは、ベッドからポンと飛び降り、

またポンと仰向けに寝ます。

これは、全身の運動神経が非常にバランスよく働いているからです。

ご本人は、「治療のおかげです」と一言。

しかも、全身に何も症状がありません。

治療師である私よりも、間違いなく長生きします。

「私が先に死んだら、お友達と一緒に、お線香をあげに来てくださいね」と言うと、

「そうします」とニッコリ。ご本人は、何にも危惧をしていないのです。

「誰でもいつかは死にますが、こういう治療を受けていれば、余計な心配はしなくて済む」と

自然体で、生き生きと生活しています。

こういう人の健康に、手助けができるということの喜びを感じるとともに、

もう少し、自分の体にも手入れをしなければと、つくづく思うのです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)