「今晩が、峠です」のお言葉 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

「今晩が、峠です」のお言葉

 「今晩が峠ですなー」という言葉。

実際に、医師からこの言葉を聞いたことのある方も、いることでしょうし、

ドラマなどでも、良く使われる言葉です。

「医師として、最善を尽くしました。後は、ご本人の生命力に任せるしかありません。

今晩が峠です。これを乗り越えれば、必ず良くなるはずです」

 峠というのは、誰でも知っていることですが、その峠の始まる、差しかかりがあって、

だんだんと登って行き、頂上にたどり着き、そしてまた、下って行くのです。

深刻な病気の場合も同じで、医師による緊急手術などが適切になされても、

それは、峠を越える人に、適切な装備品を与えて、峠の入り口まで案内したのです。

実際の峠越えとは違い、命が助かるかどうかは、患者本人の生命力にかかっています。

つまり、誰も一緒に寄り添って、峠を越えてあげることはできないのです。

必ず一人で越えなければなりません。

ただ、ベッドサイドには医療者が付き添っているのですから、その時々の状態により、

適切な処置をして、生命力に援助をすることはできるのです。

それでも、その力を頼りとして、最終的に峠を越えるのは、やはり自身の生命力です。

 翌日、患者がパッチリと目を覚まし、ニコリと微笑みでもすれば、大歓声です。

「センセイありがとうございました。お陰さまで助かりました。このご恩は一生

忘れません」などと、涙ながらに感謝するのです。

それはそれで良いことであり、なにもケチをつけることではありません。

 ところで、このようなときに、

「おお、私自身の自然治癒力よ、ありがとう。お前のお陰で私は助かった。

お前の恩は、一生忘れないよ」

などという言葉を発する人は、いません。

 このように、本当に自分の体を治してくれたのは、自然治癒力そのものなのです。

医師であれ、我々治療師であれ、自然治癒力の手助けをしたにすぎないのです。

ただ、手助けがなければ、自然治癒力だけでは治せなかったのです。

 慢性的な病気の場合を除いて、突発的に、命の危険に遭遇することがあります。

交通事故などは、その典型です。

 日常、峠道などを上る機会などほとんどなく、上るにしても、すぐに車に乗るなどで、

自分の足で上がることなどがほとんどなかった人でも、いついかなる時に、

自分の足だけで上らなければならなくなるかもしれません。

普段から、少し歩く練習でもしておくべきでしょう。

  病を得た時も同じです。

自分の生命力という、自然治癒力を強くして置けば、緊急の事態に遭遇しても、

自分の命を守る力が、強くなるのです。

毎日の、自分自身の生活習慣の大事なことは言うまでもありませんが、それだけでは

足りないので、我々の行うような、根本の原因治療を定期的に受けることです。

 今のあなたが、そのような姿かたちを維持し、生きながらえているのは、すべてが

自然治癒力のお陰なのです。

生まれてから今までの、長い長い年月の間、ただの一瞬たりとも、自然治癒力が

止まっていたり、休んでいたりしたことはないのです。

ただ、その力の強さ弱さは、その時々によって大きな差があったのです。

これからの長い人生、いつも自然治癒力を、最適な状態にしておくためにこそ

治療は継続するべきなのです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)