必ずカルシウム注射を勧める整形外科医とは - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

必ずカルシウム注射を勧める整形外科医とは

昨日治療に来た、Mさん(73歳)は、近所の整形外科に通っています。hospital

私が言うのもなんですが、今日、腰が痛いというと、明日は、膝が痛い。

明後日は、肩が上がらない、次の日は親指が曲がらないなど、

毎日のように医者で訴えるようです。weep

  そして、そのつどそれぞれの場所のレントゲンを撮るようです。

それで何か治すための方途が見つかったのかというと、そうではなく、

「老化によるものですなー」でおしまい。

何をしてくれるかというと、湿布薬をくれるだけ。

カルシウムの注射だけは、熱心に勧めるようです。

私は、かたわらで見ていたわけではないのですが、あまりにも安易すぎる、

診断というにはお粗末なやり方です。

以前にも書いたとおり、何とかこの人を治さなくてはという気持ちが、

全く感じられません。pout

  Mさん自身にも多々問題はあります。

何でもかんでも、医者に行けば治るだろうという、安易な考えで、

自分で気をつけようとか、工夫しようとか、あるいは、少々のことなら我慢してみよう

とか、そういう気は一切ないのです。

だから、毎回毎回同じ扱いを受けても、なんとも思わないのです。

窓口での自己負担がタダみたいな金額なので、保険料という、事前に徴収されたもの、

あるいは、他の人の払った保険料から充当されているのだなどということは、

全く知りもしません。医療費は、天から降ってくるように思っているのです。moneybag

あんな安い料金で、大量の薬をくれる、良いお医者様だと思っているのです。

が、さすがに最近は、痛みが引かないのが変だと気がついたようです。

  あーだこーだと、医者の悪口を散々言ったあげく、私の治療を受けました。

触っても、そんなにもろいような、いわゆる、骨粗しょう症のような感じはないのです。

コンクリートに例えれば、セメントがタップリ。カルシウム注射などいらないと思います。

しかし、筋肉のほうは、ばんばんに硬くなって冷たく、血流が全く良くありません。

薬を飲んでも注射しても、血が流れなければ、一切行き渡りません。

軽くマッサージをし、温熱の照射をしたら、ほとんど全身的に楽になったようです。

  しかしこれだけでは、根本の原因が治ったわけではないのです。

近いうちに、全身の根本治療をやった方が良いですよ、と言ってお帰り願いました。

お風呂に入って温まるだけでも楽になるようなものを、何でもかんでもレントゲンを撮って、

ろくに見もしないで、最初から、老化現象ですと言ってかたずける。

湿布や痛みどめの薬、カルシウム剤などを、安易に投与するだけというのが、

あまりにも多すぎます。

  医療費ばかり跳ね上がる原因は、こういう現状をなんとも思わない、

我々患者側にも大きな責任があります。賢い患者にならなければなりません。think

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)