医学と宗教は相反するものか - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

医学と宗教は相反するものか

   どういう宗教を信仰しているかに関わらず、熱心な人はいるものです。

その宗教が、反社会的、反人道的でない限りは、世界中で容認されているのです。

私が、治療師としての立場で、たまに困った考えの人がいて、困惑することがあります。

それは、信仰しているから、医師の治療は必要ないという考え方です。

現代医学と宗教を、真っ向から対立するもの、あるいは、まったく無関係のものと

考えるからです。

私の薄っぺらな考え、知識では、宗教と医学、現代科学は、最終的真理において

全く同じです。

というよりも、同じでなくてはならないものと思っているのです。

究極の真理を、文字通り、宗教的な立場と、科学的な立場から探究しているのです。

どちらも人間の苦(仏教でいうところの四苦八苦)を取り除き、幸福に安らかに暮らして、

一生を終えることができることのためにこそあるのです。

どのような立場からの探究であっても、真理は一つなのですから、

相反するものではありません。

宗教が、いまだに、いわゆる現代科学的に解明されていない部分も多いがために、

あるいは、うさんくさく、あるいは、作為的にはびころうとしているように思われて

いるのです。

一般に、医師と言われる人たちは、自分たちの医学に、宗教の介在することを

嫌がります。

医学だけでは治せないものもあることを十分に認めながら、やはり宗教などは

相手にしないのです。

一方、患者の方は、最初は現代医学に頼ろうとしますが、その限界を感じると、

何とかして助かりたいために、神頼みを始めるのです。

  私の考え方は違います。

何を持って、神とか仏とか呼ぶのか、ここではそれは控えますが、先ほど言ったように、

解明され尽くしていない真理のことを、神、仏と思っていますから、それを求める事は、

現代医学を探究することと、全く同一レベルのことと信じているのです。

そういう意味では、どのような病の治癒を願う場合でも、

すでに解明されている真理である医学と、まだ解明され尽くしていない真理である

宗教を,最初から同時に求めることによって、少しでも早く病の克服につながると

思うのです。

ここまでが医学の担当分野で、ここからが宗教の担当分野であるなどという線引きは

できません。

もともと、線引きなどないのです。

我々の行う治療は、ほとんど手先、指先だけで行います。

薬も使わず手術もしませんが、それでも、全身が同時に、その人にとって

最善な体になるように、ひとりでに変化していくのです。

命、健康、医学などという言葉に関していえば、自然治癒力こそ、

まさに神そのものです。

そういう意味では、誰でも持っている生命の力こそ、神の力そのものです。

だから、何も末期的な状況になる前に、生命力、つまり、神の力を高めておく

必要があるのです。

こういう方向と無関係なものは、決して宗教とはいえないのです。

イワシの頭も信心から、という諺があります。

イワシの頭のようにつまらないものでも、信仰しているものから見れば尊いと

いうことです。

じゃー、サンマの頭でもニシンの頭でも同じじゃないかと言われたらどうしますか。

こういう風に、何を持ってきても当てはめられるようなものは、真理とはいえません。

病気になって、イワシの頭を拝んでみても、病気は治りません。手遅れになります。

だから、間違った宗教を信じて、医学を拒否すれば、命の力は大きく損なわれます。

宗教者も医者に行く必要がありますし、医者も、宗教に向き合う必要があります。

私の考え方には、様々な反論もありましょうから、どうぞ遠慮なくコメントを

いただきたいです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)