「腰痛の85%はストレスが原因」は、とっくの昔に判っていたこと - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

「腰痛の85%はストレスが原因」は、とっくの昔に判っていたこと

  NHK「ためしてガッテン」や、他の健康関連のテレビ番組で、腰痛の原因は、

ヘルニアによるものは5%ほどで、約85%は、ストレスによるものであると発表された。

痛みを制御する脳の、ストレスによる機能低下が、腰に痛みを感じさせるのだという。

これは、我々の間では、前々から常識として分かっていたことである。

もちろん、何パーセントかなどという割合は分からないし、

脳のどの部分が担当しているかなども知らなかったのだが、

来院する人を調べてみると、ほとんどの人が、まず、頭を治療するようにと出てくる。

症状の違いや、部位、程度の差などは特に関係なくである。

実際、最初に頭の治療をしただけで、固い腰が柔らかくなったり、

上がらない足が上がったりする。

即刻に痛みが解消するとは限らないが、かなり緩解することが多い。

脳内の血流が良くなり、痛みを制御する脳の働きが、即刻改善した結果である。

医師ではないので、われわれが解剖したり、生理学的な検査をしたりは

なかなかできないので、証明しろと言われても難しいのだが、

要は、治れば良いのであり、証明は科学者に任せたい。

  読売新聞の、医療ルネッサンスでも似たような記事が掲載されている。

痛い痛いといってジッと動かないでいれば、痛みそのものもなかなか改善しないという。

それどころか、かえって痛みの感覚を強め、症状の悪化を招くという。

事故や手術で失った、腕や脚などに痛みを感じる、幻肢痛。

関係する脳の領域が縮小して痛みが生じるという。

残った側の手や脚を、鏡に映して動かしていると、失った側が動いているような

感覚を味わい、縮小した脳が回復して、幻肢痛が和らぐという。

脳内麻薬と言われる、エンドルフイン、エンケフアリンが運動によって分泌され、

脳内の痛みを抑える回路を活性化させることも分かってきたというが、

こういった脳内麻薬のことは、30年以上も前から、

鍼治療では定説になっているものである。

このように、何十年も後になってから、証明ができることも多いのであり、

今現在証明がなされていなくても、事実として、改善したり、症状が和らぐものなら、

積極的に治療を受けてみるべきである。

薬で神経をマヒさせるだけで、原因なぞ治らない、治そうともしない治療ばかりに頼ると、

本来の、素晴らしい自然治癒力は、だんだんと落ちて行き、回復困難になる。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)