腰痛でもうつ病でも、同じような治療を行うように思えるのですが - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

腰痛でもうつ病でも、同じような治療を行うように思えるのですが

  皆さんが、直接に口に出して聞くかどうかは別にして、

「どのような症状で治療に行っても、いつも全身を隅々まで治療するのはなぜか」と、

不思議に思う方が多いのです。

これはある意味では当然のことです。

病名や、症状の出る場所、症状の種類などを定めてから、

人類が生まれたわけではありません。

人類誕生からそれらの症状があったでしょうし、これからも、永遠に出てくるでしょう。

そして、病名には、新しいものが出てくることもあるはずです。

頭痛の症状を訴える人と、水虫の症状の人では、病院では違う診療科を受診します。

膝の痛い人と、糖尿病では、やはり受診する科は違うはずです。

ところが、私たちの行う治療では、頭から足の先まで、どこにどういう症状があっても、

何の区別、差別もなく、全身に治療をくわえるのです。

いつも言うように、全身で人の体は一つなのです。

その全身の、ありとあらゆるひずみ、歪みが、すべて集まって今現在のような体型になり、

その結果、神経を刺激しているところに症状を感じるのです。

切った、ぶつけた、折れた、感染した等の場合を除けば、全身どこにどういう症状が

現れても、、それは、全身からの影響によって起こったものなのです。

だから、原因を取り除こうと思ったら、治療も全身に行わなければなりません。

ある部分の症状が相当に激しくて、一刻も早く楽にしてもらいたいと思います。

それなら、その部分に、直接に一生懸命治療を施した方が良いかというと、

必ずしもそうとは限りません。痛すぎてさわれないこともあります。

そんなところに無理やり治療をくわえたら、症状がかえって悪化するかもしれません。

そんな時は、局所への直接の治療はしないほうが良いのです。

一見関係なさそうな、他の場所に治療するだけで、局所には触れなくても改善します。

全身の、何の症状も出ていないところも、同時に改善するのです。

  また、よく言われることが、「病院の治療には行かないほうが良いのですか」、と

いうのがあります。

行っても無駄ということも確かにありますが、医師は医師としての役割がありますし、

我々治療師などができない、やってはならない、しかし、重要な施術があるのです。

病院でもなんでも、行って構いません。

症状が楽になるなら、何をやっても構わないのです。

同時に、私たちのやるような治療も受けた方が、断然治りが良いのです。

将来の全身の不調の予防にもなります。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)