真正面から見て、「なーーーんだ、ガックリ」 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

真正面から見て、「なーーーんだ、ガックリ」

昔、私に父が言った言葉がありまして、意味のわからなかったのが「よめとめ」。

「嫁止め」と理解して、あんな女とは、結婚してはいけないという意味に理解していたのです。

まー、当たらずといえども遠からずでした。

「夜目遠目笠の内」というのが正しい諺ですが。

ようするに、夜に見たり、遠くから見たり、傘をさしかけている女を、

下からひょいと覗いたり。

そんな時は、すごく奇麗な、美人に見えるものだ、という意味なのです。

だから、「あなたは、よめとおめな美人だねー」などと言われて喜んでいたら、赤っ恥。

ホントはブスだけど、ああいう状態で見れば、奇麗に見えなくもないという意味なのです。

こういう言葉があるかどうかは知りませんが、私が付けたのが、「マスク美人」。

朝夕の行き帰りに、大勢の女性とすれ違うのですが、冬場や花粉症の時期には、

急に「マスク美人」が、多くなります。

マスクをしていてこそ、妖しい、ミステリアスな美しさを想像するのです。

いつまでも花粉の季節が続いてくれた方が良いのに、と思う人もいます。ゴメンcoldsweats01

また、テレビがデジタルになってから、あまりにも精細に見えすぎまして、

今までのアナログで見ていたころよりも、人の表情も格段に細部まで見えてしまいます。

「アナログ美人」と言った方が良いように、あまり精細に見えなかった方が、

良かったかな。

  私の故郷、秋田の地名に、「西馬音内」というところがあります。

「にしもない」と読みます。

最近、徐々に全国的に知られてきた、「にしもない盆踊り」というのがあります。

夜、大通りに火を焚いて、深い笠を被った女性が踊る、

幽玄な感じのする盆踊りです。

笠に隠れて、目のあたりはほとんど見ることができません。

鼻から口元あたりが、チラチラと見え隠れするのです。

「にしもない盆踊り」を紹介するポスターや写真集などでも、

ほとんど顔全体など見えません。

だからこそ、頭の中で想像する、不思議な美しさを感じるのです。

でも、実際に笠を取った後も美しい人たちばかりなのは、保証つきです。

  「うしろ姿美人」という言い方もありまして。

これはどういう意味なのか、皆さんには判りますよね。

「ラジオ向け美人」というのもあります。要するに、テレビ向けではないのですよ。

  ある男が、母親の持ってきたお見合い写真を、一目見たとたんに言った言葉。

「真夜中に、真っ暗闇で撮った写真なら、素敵だろうなー」。coldsweats02

さて、今日は、いろいろと女性を馬鹿にしたような、おちょくった話ばかりを書きましたが、

結局、何を言いたいのかというと、美人等という言葉には、絶対性などないということです。

男から見ても、女性サイドから見ても、美人というものの意味するところは様々なのです。

しかし、いずれにも共通して求められるのは、健康であるということ。

「健康美人」とでも呼ばれたら、これは最高に喜んで良いのですよ。

私は、毎日大勢の女性を治療しますが、断然「健康美人」に軍配を上げます。

「病弱美人」など、願い下げです。

病弱美人、虚弱美女と自任している方は、ぜひ治療にお出で下さい。

本物の健康美人に生まれ変わることができます。smile

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)