こんな飲食店には、二度と行かない - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

こんな飲食店には、二度と行かない

  常識では、こんなことはあり得ないと思うことが、世の中にはあるもので。
特に、飲食店で目撃すると、二度と行くものかと決心するものです。
私が、過去に実体験したことですが。
one あるラーメン屋に入ったときのこと。
カウンターの向こうの店主が、くわえタバコのままで調理しているのですが。
フライパンを動かすたびに、タバコの灰が、パラパラとフライパンに落ちるのです。
暑くてモウモウと煙が出ていて、店主は汗もかいています。
その汗も、一緒にフライパンに滴り落ちるのです。
その汗を手でぬぐって、その手で野菜をつかみ、放り込むのです。
二度とこんな店に来るものかと思っていたら、やがて、半年でつぶれました。
two これも個人の中華店でのこと。
夫婦二人でやっておりましたが、奥さんは、赤ん坊を背中に背負って働いております。
店の中のテーブルは、10席位もあったでしょうか。
その時は、私以外のお客はいなくて、いちばん隅の席に着いたのです。
すると、その奥さんは、私から一番離れたテーブルに赤ん坊を下して
テーブルの上で、おむつ替えを始めたのです。いくらなんでも非常識極まりない。
終わっても、ろくに手も洗わないで、そのまま、また調理を手伝うのです。
three あるフアミリーレストランに入ったときのこと。
朝の定食セットというのがあり、それを頼んだのですが。
味噌汁椀のようなものに、生の卵がコロコロと入ってきました。
見ると、卵の殻のまわりに、鶏のふんがいっぱいついているのです。
小さな羽の切れ端のようなものもついています。
こんな不潔なものを、お椀の中に入れて持ってきて、そのお椀の中に出せと言うのか。
さすがにこのときは、従業員を怒鳴りつけて、そのまま出てきました。
four 皆さんは、当然ですが、鼻をかむということがあると思います。
最近は、ほとんどテイシュペーパーを使うことが多いと思いますが。
鼻汁というのは、黴菌の巣みたいなもので、紙の外にもしみだすのです。
ある洋食レストランの店主は、鼻はかむは、痰は吐くは、汗はふくはで、
すべてにテイシュを使うのです。
その後、ほとんど手を洗うなどということはありません。
その汚い黴菌だらけの手で、材料をわしづかみにして調理するのです。
トイレに入った後でも、しっかり洗うのか、分かったものじゃありません。
一度でもこんな現実を見たら、二度とこんなところに来るものかと思うのです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)