恐怖の、ごみ出し監視おじさん出現 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

恐怖の、ごみ出し監視おじさん出現

  私は、名前ばかりはマンションという、超オンボロ長屋に住んでおります。
マンションの専用のごみ出し場があり、特にトラブルもありません。
そこから、200メートルほど離れたところに、他の町内のごみ出し場があります。
最近、ごみ出しの日になると、あるおじさんが出現します。
年は、75歳前後と思いますが、上下トレーナーに白い帽子をかぶっています。
なんと首には、メガホンをぶら下げて、おまけに笛も持っています。
どこかの小学校を退職した、元校長さんのように見えます。
朝早くからごみ出し場の前に現れ、道行く人誰かれ構わずに、メガホンで
「オッハヨウゴザイマーーース」と、大きな声で呼びかけるのです。
先日なんかは、そのおじさんが向こうを向いてしゃがんでいたので、その後ろを
自転車で通り過ぎようとしたら、サッと立ち上がってくるりとこちらを向き、メガホンで
「イッテラッシャーーイ」と大声をかけるのです。びっくりしましたなー。
  さてこのおじさんは、ごみ出しの日には、道路の上に、幅1メートル位の間隔で
チョークで白い線を5~6本引くのです。
その一つ一つに、生ゴミ、紙類、カン類、ガラス類、プラスチック類などと書きます。
その線を引いた範囲以内に、指定されたごみをきちんと出すように、求めるのです。
誰かが、その範囲を超えてごみを出そうものなら、ピピッと笛を吹いて、
「あなた、ごみ袋が隣に5センチはみ出してますよ」などと、注意するのです。
「うるせーおやじだなー」などと思いながら、皆、その指示に従うのです。
ある日、ごみ出し場の壁に、段ボール紙が張り付けてあり、なにか書いてあります。
そして、小さなビニール袋、数袋に入った各種のごみがぶら下げられておりました。
  いわく、
「これは、どこのだれが出したか知らないが、一つの袋にこれだけの種類のごみが、
まったく分別されることなく入っていた。社会人として恥ずかしい、無責任な行為だ。
出した人間は深く反省して、二度とこのようなでたらめな出し方はしないように」。
「ヘーーーーッ、あのおじさんは、ここまでやるのか」と、感心してしまいました。
おせっかいとか、口うるさいとか、様々に思う人もいることでしょうけれど、
良く考えると、こういうおじさんも必要なのです。
いわば、町内のご意見番。正義の味方で頑固な一徹者。最近いませんですね。
こういうおじさんに叱られないように、日常生活に気をつけることが大事なのです。
  ここまで書いたのを見て、もしかしたら皆さん、
「このおじさんというの、もしかしたら、菅原、お前さんのことじゃないのか」と
変に勘ぐっていないでしょうねー。
さすがの変なおじさんである私でも、ここまでの大御所には達しておりません。
10年後くらいにどうなっているかは、保障の限りではありませんが。
一応、楽しみにお待ちくださいますように。coldsweats01

「メタボリック菅原の 健康おとぼけブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体