おっぱいの魅力と、24時間つきっきりの治療師 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

おっぱいの魅力と、24時間つきっきりの治療師

  思わせぶりいっぱいというか、意味ありげなタイトルを付けて、

その割にはつまらないという、そこが菅原のブログの、評判の悪い所ですが。

おっぱいと言うのは、いわゆる見た目のバストとか、ボインなどと表現される物ではなく、

母乳そのものを、あるいは、母乳を出す器官としての、乳房のことです。

そもそもこの、おっぱいと言う言葉の由来ですが。

「ををうまい」が約まったものだとか、「お腹一杯」の「いっぱい」が転じたものだと

言われます。

おっぱいの存在する意義は、なんといっても、子供に栄養を与えるためです。

つまり、母乳としての存在意義です。おっぱいは、素晴らしい特徴があります。

one いつでもどこへでも、持ち運べること。そりゃそうですよね。便利この上ない。

two 常に新鮮である。賞味期限切れなどない。

three 常に適温である。冷え症のお母さんのおっぱいは、ビールのように冷えているとか、

  高体温の母さんのおっぱいは、口の中が火傷するほど熱いなどということはありません。

four 非常に栄養バランスが良い。人の手による栄養の調整などされていない。

five それぞれの、動物としての種により、最適な構成内容になっている。

  そもそも野生の状態では、人間以外の哺乳動物で、他の種の乳を吸うことなど、

  ほとんどありえない。みな、自分の母親の乳を吸うのである。

four 乳房そのものの位置が、胸にある。だから、親子の目と目が合わせやすい。

  これは、コミュニケーション、スキンシップの上で非常に好ましい。

  乳房が、背中にあるとか、膝小僧についているとか、足の裏にあったらどうですか。

  スキンシップどころか、下手をすれば、踏んづけてしまいます。

こういう風に、おっぱいというのは、非常によくできていて、とてもとても、人間の知恵で

同じものを作ろうとしても、なかなかできないのである。

さて、このおっぱいと同じく、非常に魅力的なシステムが人間に備わっている。

それが正に、自然治癒力である。

受胎し、そして生まれてから死ぬまで、ただの一瞬として休むことなく働く力。

常に身を守り、損傷を修復し、新しい組織を作り、維持、発展させていく。

この力があったからこそ、誰でも今まで生きてこられたし、これからも生きていける。

自然治癒力が無ければ、あっという間に死んでしまう。

言ってみれば、24時間つきっきりで治療を続けてくれる、専属の治療師である。

しかし、この専属の治療師にも弱点がある。

それは、年齢を重ねるごとに、力が弱ってくることである。

そこに、我々のような他人の治療師の出番が必要なのである。

他の人間である治療師のできることは、やはり、その人の自然治癒力を高めること。

結局、自分の体を治すのは、自分自身の自然治癒力以外には無いのである。

文字通り、乳児の時代を過ぎれば、母乳、おっぱいはいらないが、自然治癒力は

一生の間、必ず必要である。

おっぱいと自然治癒力に対して、常に感謝を忘れないことが、何より大事。coldsweats01

「メタボリック菅原の 健康おとぼけブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)