愚かな選択で、老母を寝たきりにした息子夫婦 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

愚かな選択で、老母を寝たきりにした息子夫婦

  三年ほど前のこと。

当時80歳という女性が、息子夫婦に連れられて治療に来ました。

ご近所の女性Kさんが、私のところに治療に来ており、その方の紹介でした。

車から降りたその女性は、杖をつき、更に両脇を息子夫婦に抱えられながら

入ってきました。表情も、かなりうつろな感じでした。

今まであちこちの病院に行ったのですが、どこでも、老化現象だからしょうがないの一言。

何としても治してくれと言うのであれば、手術しかないとも言われたようです。

だんだんと落ち込んでいく様子を見るに見かねたKさんが、息子夫婦に話してくれたようで。

  ところが、この息子夫婦という人が、医者以外は一切信じないというタイプで、

私の所に来たのも、Kさんがあまりにも熱心に勧めたもので、しぶしぶだったようです。

例によって、詳しく治療内容を説明し、一つ一つ説明しながら治療をしたのです。

ご本人は、体は不自由ですが、頭の方ははっきりしておりましたから、一つ一つうなずき、

だんだんと笑みがこぼれてきて、気持ち良さそうにもしてきたのです。

治療が終了し、「立ってみてください」と言ったところ、スッと立ち上がったのです。

しかも、杖をつくこともなく、数歩ですが歩くことができたのです。

「歩ける歩けるツ」と、大きな声を出して叫んだのです。

息子夫婦は、一瞬驚いた様子でしたが、すぐに黙ってしまいました。

「こんな状態ですから、このまま放っておけば、寝たきりになりますよ。

病院に行っても、何もしてはくれないわけですから、ぜひ一生懸命に通ってください。

面倒くさいと思うかもしれませんけど、寝たきりを介護することを考えれば、

どちらが良いかは明白なことですからね」

今ひとつ納得をしない息子夫婦に、私は少しきつめに言ったのです。

ところが、それっきりで、二度と治療には来ませんでした。

先日、Kさんに、街中でバッタリと出会ったので、あの人はどうですかと聞いたのです。

Kさんの話では、ご本人はすごく喜んで、しょっちゅう治療に行きたいと言ったそうです。

ところが、息子夫婦は、「今ひとつ信じられない」と言って譲らず、母親の頼みを

無視して、病院にだけは連れて行ったようです。

結局、電気をくっつけたり、温めたり、牽引をしただけで、後は湿布を出すだけ。

どんどん悪化した母親は、寝たきりになってしまい、痴呆も始まったようです。

せっかく本人が納得し、しかも、その場で改善し、歩けるようにもなったものを、

何の根拠もない意地を通して、結局は惨めな結果を招いたのです。

これは何も、私の治療を自慢するようなことを言ってるのではありません。

物事の本質を正しく判断しないと、後で悔やむことになるということです。

「メタボリック菅原の 健康おとぼけブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)