テレビの故障と人体の故障の違い - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

テレビの故障と人体の故障の違い

  だいぶ以前のことになりますが、テレビの映りが悪くなったのです。tv

当時はテレビも貴重品で、おいそれと買い替えるわけにもいきません。

今なら、へたに修理を頼むよりも、新品を買った方がはるかに安い場合もありますが。

ある電気店に電話すると、クソなまいきそうな店員が来たのです。

一目見て、中身などはまったく見もしないで言うのです。

「いったい、どんな使い方をしたんですか」。

まるで、被告人を問い詰めるがごとく。

私は、その言い方があまりにもふざけているので、即刻反論したのですよ。angry

「どんな使い方って。電源を入れて、チャンネルを合わせて、画像を見ただけだよ。

それ以外に、いったいどういう使い方があるんだ。教えてくれよ」

「いえ、特には無いですけど」と言うのです。

だったら、最初から意味のない質問などするなって言うんですよ。

結局、故障の原因も判らずに、「もう寿命ですね」などとほざきながら、

新しいテレビのパンフレットを置いて帰ったんです。

寿命だろうとは薄々感じておりましたから、新品に買い替えることにしました。

もちろん、まったく別の店から買ったのです。

ざまみろ coldsweats01

テレビなどの家電製品も、日ごろの手入れのできるものと、できないものがあります。

だんだんと精密になってきているので、素人はもちろん電気店の人間でも対処できず、

結局、新品に買い替えることになります。

電源の差し込み一つも、修理できないような構造になってきています。

そして、人工物は、必ず劣化する方向にだけ進みます。

じっと眺めていたら、ひとりでに治って新しくなっていった、などということはありません。

こうして、新品が翌日に寿命が来るわけではありません。

何年もかかって劣化して、ついにある時期になって、寿命と言われることになります。

  さて、一方、人間の体ですが。

いくらなんでも、新品に買い替えるわけにはいきません。

歯や、関節の一部、角膜、心臓の弁膜、皮膚などは、移植や人工物と取り替えることも

できますが、まだまだほんの一部です。

生きているものは、修理は全て自分の自然治癒力で、生まれてから死ぬまで続いています。

しかも、全身の隅々まで、細胞単位で、自分にとって一番良い状態になるようにです。

  他人ができることは、それをできるだけ手伝うだけです。

若いころから、適切な手入れがなされていると、人間も長持ちするのです。

同じ年齢でも、若さに親子ほどの違いに感じられる場合があります。

若さを維持できるのは、長い年月の、不断の手入れが功を奏した結果です。

かといって、特別なことをしなければならないかというと、そうでもありません。

ごく普通の日常生活を、健全な状態で過ごすことに心がけることです。

それでも必ず全身の歪みは来ますから、定期的に適切な治療を受けることです。

残念ながら、病院に行ってもそのようなことは、一切やってはくれません。

病院は、すでに破壊されたものの修復に行くところです。

あるいは、寿命ですと宣告し、死を確認してくれるところです。

生は、必ず終了する時が来ます。

その生が終了する日まで、健康で、苦しくも痛くもなく過ごすことを、皆望んでいます。

そのためにこそ、予防医療が必要なのです。

「メタボリック菅原の 健康おとぼけブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)